ジャスティスCLUB

ジャスティスCLUB

2017年8月 8日 13:20

管理者の目標設定

 目標管理制度において、管理者の目標設定は、言うまでもなく部署別業績管理の要となる重要事項です。


管理者の目標設定目的

 管理者の目標設定について、その目的を明確に認識することは、目標管理制度が担う経営貢献の高度化につながります。

 すなわち管理者の目標設定内容は図に示した通り、組織目標とマネジメント目標であり、社員のプロジェクトチーム目標・個人目標・その達成プロセス・貢献度評価に関わり、次の目的を果たすことが必要です。


①   管理者が所管する組織の目標として、達成すべき業績目標と能力開発目標を設定する。

②   同時にこの目標設定へ社員を参加させることにより、組織目標の意味・各自の果たすべき貢献を理解させ、主体的・挑戦的なプロジェクトチーム目標・個人目標の設定を動機付ける。

③ また、組織としての能力開発目標を設定して開発すべき能力の全体像を示し、個人別能力開発目標の設定を方向付ける。

④ マネジメント目標を設定し、組織目標からプロジェクトチーム目標・個人目標へのカスケードダウン(段階的な順次細分化)を的確に行うとともに、達成プロセスの問題解決等適切な支援、公正性・納得性の高い貢献度評価を実施する計画を立てる。


 290808.JPG

経営者・管理者の留意点

このように管理者の目標設定は、組織として実現したいことと、個々の社員が主体的に取り組みたいことを調和・統合する意義を持つこと、組織の目標管理制度運用にまことに大きな影響力を持ち、所属社員の目標達成力を高めることに留意して取り組みたいものです。




| ジャスティスCLUBのトップへ戻る |

« 過去に在日大使館等に勤務していた外国人の居住期間の判定 来日5年経過後の外国人の確定申告(租税条約がある場合) »



初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る