ジャスティスCLUB

ジャスティスCLUB

カテゴリー:法人税

行政法の手続法の体系 行政不服審査法は、行政事件訴訟法とセットになっている法律で、両者を合わせて行政救済法という分野を構成しています。 また、行政の事前事後手続に関する法律の分野を構成するものとして、...
続きを読む


包括的承継の個人と法人  個人の相続は包括的承継といわれ、判決では、償却方法は法令の文理解釈から引き継ぎなし、耐用年数は法令の趣旨解釈から引継ぎ、とされています。(最高裁係争中) 法人に関しては、同じ...
続きを読む


事業所税とは 事業所税は、人口・企業の集中に伴う都市環境の整備のための財政需要の増大に対処するため、1975年度税制改正で市町村の目的税として創設されました。高度経済成長末期です。 当初は政令指定都市...
続きを読む


法人税と所得税では同じ概念か?  所得税法では、退職給与につき、「退職所得とは、退職手当、一時恩給その他の退職により一時における給与及びこれらの性質を有する給与に係る所得をいう」と定義していますが、法...
続きを読む


2016年2月15日 14:48

借地権の簿価劣化

同じ更新料でも 賃借建物の更新の場合の支払更新料は、税法上の繰延資産として、5年もしくは賃借期間で償却するものとされています。20万円未満であれば少額繰延資産として一時の費用とすることも出来ます。 同...
続きを読む


法人税法では、減価償却資産を定義し、「償却をすべきもの」、としています。  しかし、その属性が減価償却資産であっても、当該資産を事業の用に供していなければ減価償却資産に該当しないこととしています。条文...
続きを読む


2015年12月24日 18:06

新設法人と納税義務の免除

新設法人は原則として免税事業者 新規設立法人には、消費税の納税義務を判定するための前期、前々期(基準期間)がないため、原則として設立1年目、2年目の事業年度における消費税の納税義務は発生しません。 た...
続きを読む


近年は、中小企業でも海外に子会社や合弁会社(子会社等)を設立したり、その進出の勢いは止まる気配がありません。 海外子会社等の事業が立ち上がるまでは、国内の親会社からの資金供給は欠かせません。子会社等へ...
続きを読む


「取引先持株会」株式とは 毎月数万円ずつ積み立てて取引先の会社の株式を取得する仕組みです。取引先から安定株主として協力してほしいとの依頼で、それほどの負担になりませんのでお付き合いで行っている企業も多...
続きを読む


繰延資産とは 中小企業会計指針によると、「既に代価の支払が完了し又は支払義務が確定し、これに対応する役務の提供を受けたにもかかわらず、その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用を資産として繰...
続きを読む


適格要件は何故設けられているのか?  現行の法人税法では、6種の組織再編成(合併・分割・現物出資・現物分配・株式交換・株式移転)について、その再編成に係る資産の移転損益の『課税の繰延』を認める『適格組...
続きを読む


すべての税務処分に適用  国税通則法の改正により、平成25年から相続税や消費税などを含め、すべての税務不利益処分に際して、更正通知書に更正の理由を附記しなければならないことになりました。根拠法は行政手...
続きを読む


H27税制改正~法人実効税率引下げへ  平成27年度の法人税の税制改革では、法人税率について大きな改正がありました。 法人実効税率を数年かけて20%台に引き下げることを念頭に、改正前の34.62%から...
続きを読む


半製品」と「仕掛品」の違いはどこか?  製造等の中途にある棚卸資産に「半製品」と「仕掛品」があります。英語で言えば、前者は"semi-processed goods"、後者は"work in proc...
続きを読む


「低価法」の網羅性の要求度はどこまで?  棚卸資産の低価法を適用した会社―特にその種類が多い会社―は「低価法の適用漏れがあったらどうなるのか?」と心配になることがあるかもしれません。  確かに、期末に...
続きを読む


青色専従者を有する事業所得者は48%  国税庁が公表している統計(平成24年分申告所得税標本調査)によると、青色申告を行っている事業所得者のうち48%、不動産所得者のうち13%の方が、青色事業専従者給...
続きを読む


 国際課税についての主な改正項目は、外国子会社配当金益金不算入の見直しと外国子会社合算課税の見直し等が挙げられます。以下、その内容を概観してみます。   ●外国子会社配当金益金不算入の見直し  これは...
続きを読む


仕入税額控除の原則 消費税の仕入税額控除には、個別対応方式と一括比例配分方式の2つの方法が認められています。 なお、一括比例配分方式を採用した場合は、2年間その適用を継続しなればなりません。   課税...
続きを読む


微妙に異なる会計と税務の「開業費」  個人でも会社でも開業に際しては少なからず準備費用がかかります。このような費用を「開業費」といいます。  「開業費」は、会計でも、税務でも、開業年度において一時の費...
続きを読む


移転価格税制とは  移転価格税制とは、国外関連者との取引価格を操作することにより、国内の所得を海外へ移転することを防止する税制です。 この税制は、昭和61年改正により制定され、その後の企業活動の国際化...
続きを読む


2014年10月16日 17:14

創設時申告納税制度

申告納税制度の導入 申告納税制度は、個人財産10万円超に対して25%~90%の累進税を課した1回限りの財産税(昭和21年11月)においてまず採用され、昭和22年以降、所得税、法人税及び相続税などの直接...
続きを読む


2014年10月11日 11:28

税務調査と交付送達

送達とは  税務調査における交付送達とは一体どのようなことなのか、ですが、その前に送達について少し解説をしたいと思います。  国税では、書類の送達について、「国税に関する法律に基づき税務署長等が発する...
続きを読む


租税公課のうち損金の額に算入される租税について、いつの時点で損金となるのか、法律上、具体的な定めはなく、単に、「債務の確定」が要件となっているにすぎません。 課税実務では、租税公課の債務確定時期ついて...
続きを読む


今では、中小法人でも自力で海外に全額出資の子会社を設立するケースが多く見受けられます。 ただ、現状において進出企業が順調に事業展開・発展しているとは言い難く、業績の進展が思わしくなく、中途で出資額を現...
続きを読む


「車両運搬具」と「機械装置」の区分  税務における「車両及び運搬具」とは、自走能力の有無を問わず、人や物の運搬を主目的とするものをいいます。具体的には、乗用車、貨物自動車、フォークリフト、電車及び自転...
続きを読む


保険料と代理店手数料 ライフネット生命が保険料と保険代理店の代理店手数料を公表し、保険業界に波紋が広がっております。従来、保険業界では保険料と代理店手数料を公表することはなく、全てを保険料としてきまし...
続きを読む


税抜処理と税込処理 税抜処理とは、「仮払消費税」と「仮受消費税」という科目を設定して、売上や費用項目等に消費税を影響させない処理です。  税込処理とは、消費税込みの金額で売上や費用項目等を処理する方法...
続きを読む


「今後の地方公会計の整備推進」公表!  平成26年4月30日に総務省より「今後の地方公会計の整備推進」が公表されました。これは平成22年9月より開催されていた「今後の地方公会計の整備推進研究会」の最終...
続きを読む


EPC契約・フルターンキー契約とは  最近、太陽光発電のビジネスが活発に動いています。その中でも巨大プロジェクトであるメガソーラー建設は、EPC契約で締結されることが多いそうです。EPCは各々Engi...
続きを読む


2014年6月24日 09:54

内部資料見られて重加算

外注傭船料を原価ベースで算出 税理士会のデータベースに開示請求により開示された国税不服審判所の非公開裁決事例があります。その一つに、内航海運業の建造引当権が法人税通達で営業権とされていた10年以上前の...
続きを読む


譲渡担保とは  民法では、動産を債権の担保とする場合には、不動産と異なり抵当権を設定できず、質権の設定に限れられていました。質権を設定する場合には、担保物の占有を質権者に移す必要があるため、占有を移さ...
続きを読む


未成工事支出金の仕入税額控除の特例  いよいよ消費税の新税率の適用がスタートしました。これに伴う経理部門の事務負担が増えていますが、そのようなものの一つに、未成工事支出金について『目的物の引渡日』の属...
続きを読む


自署押印に係る罰則規定  法人税法には、納税申告書に代表者の自署押印を義務付けており、この規定に違反した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する、とされています。  納税申告が、納税者の財産...
続きを読む


2013年12月17日 15:10

資本金の額と法人税額

法人税では、資本金の額によって課税所得金額に適用される税率、また課税所得金額の算定の基礎なる各種特例の適用にも差異があります。  資本金の額1億円超の法人では、適用税率はもとより、概ね次のような課税の...
続きを読む


2013年8月 6日 11:53

改正消費税法のある改正点

野田政権の置き土産、消費税増税法  平成24年8月10日の参議院本会議で消費税法改正法が可決成立し、消費税の税率は平成26年4月1日から8%,平成27年10月1日から10%へと段階的に引き上げられるこ...
続きを読む


個人事業者の場合  所得税においては、「事業を開始した日」はいつか、についての特段の定めはありません。現行の課税実務では、事業開始のための開業準備行為をした日が事業開始の日ではなく、原則、具体的に事業...
続きを読む


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る