ジャスティスCLUB

ジャスティスCLUB

カテゴリー:経営

36(サブロク)協定とは?  法定の労働時間を超えて労働(法定時間外労働)させる場合、又は法定の休日に労働(法定休日労働)させる場合には予め書面で労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る事が必要です...
続きを読む


早い者勝ちの節税戦略  国内・国際を問わず租税戦略計画(タックス・プランニング)は、いかに、合法的な範囲内で税法の隙間を見つけ、租税負担を少なくするかの頭脳勝負ともいえます。対戦するのは、納税者(+ア...
続きを読む


2017年10月16日 17:42

退職後の競業禁止規定

退職後に競業を禁止することはできるか  最近、退職者が同業他社に就職し、自社のノウハウを他社で使ったり、自社の顧客を奪ってしまったという相談が増加しています。  また、そのような事態を防ぐために、就業...
続きを読む


読者を誤解に導く記事の定型文  新聞紙上を賑わせる「〇〇国税局は、△△会社の税務調査で、国内で計上すべき所得を海外子会社へ移転したとして、移転価格税制に基づき20××年×月期までの×年間に計約□□億円...
続きを読む


納税するため銀行に行く手間を省きたい!  2017年2月3日付日本経済新聞朝刊で、「新電子納税、全国共通で、総務省方針、企業の負担減らす。」と報道されていました。   税金納付の方法には、電子納税、ダ...
続きを読む


消費税の「課税の対象」の4要件  初めて経理業務に携わる方にとって、消費税の用語は厄介です。「免税取引」「非課税取引」「不課税取引」と似たような言葉が並び、何が何やらわかりません。これらを理解するには...
続きを読む


ダルビッシュの故障で「離脱補償」の保険?!  新聞報道によると、東京海上日動火災保険はプロ野球やJリーグなどのプロスポーツチーム向けに「選手不稼働対応保険」という保険の販売を始めたそうです。 この保険...
続きを読む


マンション管理組合の会計  区分所有マンションをお持ちの方から「管理組合の会計はよくわからない」という声をたまに聞きます。  マンション管理組合については、法律等で制定された「会計基準」というものは現...
続きを読む


土地は減価償却ができませんが...  事業の用に供される建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの固定資産は、一般的には時の経過等によってその価値が減っていきます。このような資産を減価償...
続きを読む


相続税・贈与税の納税義務が改正!  相続税・贈与税の納税義務者は、国内・国外財産を問わず課税される「無制限納税義務者」と国内財産のみに課税される「制限納税義務者」の区分に大別されます。 平成29年4月...
続きを読む


2017年8月25日 17:30

子ども・子育て拠出金とは

全額事業主負担の子ども・子育て拠出金  子ども・子育て拠出金は平成26年度までは児童手当拠出金と呼ばれていました。  社会保険料(健康保険及び厚生年金保険)は労使折半負担となっていますが、子ども・子育...
続きを読む


2017年8月21日 15:53

リースと言っても色々です

リース取引とは?  リース取引には、ファイナンスリースとオペレーティングリースがあります。  ファイナンスリースとは貸し手が借り手のために資金を出して資産を購入し、借り手に貸与するという仕組みで、資金...
続きを読む


非上場株式の納税猶予の適用数が大幅増!  平成21年に創設された非上場株式等の相続税・贈与税の納税猶予制度(いわゆる「事業承継税制」)。当初は担保提供要件や猶予取消しのリスクなどが強調され適用件数・金...
続きを読む


中小企業・小規模事業者対策として  エアバッグの欠陥で大量リコール(回収・無償修理)があった自動車部品大手のタカタ㈱は、平成29年6月26日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。米国法人を...
続きを読む


外国人も来日5年超で全世界所得課税  仕事や留学で来日し、日本が好きになったり、日本人と結婚したりして、在留期間が5年を超えて日本に住み続けている方がいます。日本の国籍を有していない外国人も、在留期間...
続きを読む


2017年8月 8日 13:20

管理者の目標設定

 目標管理制度において、管理者の目標設定は、言うまでもなく部署別業績管理の要となる重要事項です。 管理者の目標設定目的  管理者の目標設定について、その目的を明確に認識することは、目標管理制度が担う経...
続きを読む


在日大使館等勤務の外国人は所得税が免除  外国政府の外交官として来日し、大使館や領事館に勤務する者の課税関係については、所得税法と外交関係に関するウィーン条約、領事関係に関する同条約が重層的に適用され...
続きを読む


予定される上限時間  先に政府から発表された働き方改革の一環として「時間外労働の上限規制」が注目を集めています。現在は時間外労働協定届の「特別条項付き三六協定」を労使間で締結する事で、繁忙期に上限の無...
続きを読む


2017年7月31日 16:42

酒類販売免許の今と昔

お酒が安く売れなくなる?  2017年6月から一部改正された酒税法等が施行され、お酒の販売価格が値上がりするのではないかというニュースが話題になりました。今回の改正では、酒類製造業者と酒類販売業者が遵...
続きを読む


助成金とは  一般的には厚生労働省管轄で取り扱っている支援金のことで、条件さえ満たせば、どんな会社でももらうことが出来ます。助成金ですので、返済する必要もありません。   ボランティア休暇制度の導入支...
続きを読む


2017年7月26日 09:33

海外出国後の予定納税

前年帰国者に「予定納税通知書」が届いた!?  その年の5月15日現在において確定している前年分の所得金額や税額などを基に計算した金額(予定納税基準額)が15万円以上である場合、その年の所得税及び復興特...
続きを読む


国税庁、平成29年類似業種株価表を公表!  平成29年1月~4月に発生した相続税や贈与税の「取引相場のない株式」(非上場株式)の評価に用いる類似業種比準価額の業種目別株価が、平成29年6月下旬に国税庁...
続きを読む


2017年7月20日 16:38

非課税のイメージと実態

医師会等の損税問題  平成28年度の税制改正大綱の検討課題の中で、医師会等の損税問題につき、「平成29年度の税制改正に際し、総合的に検討し、結論を得る」との記載があったことから、平成29年度での何らか...
続きを読む


指定都市の住民税の割合が変更  今まで県費負担だった教職員の給与負担事務が、道府県から指定都市へ移譲されるため、平成30年度分以後の個人住民税所得割額の割合が、指定都市(大阪市・名古屋市・京都市・横浜...
続きを読む


指定都市の住民税の割合が変更  今まで県費負担だった教職員の給与負担事務が、道府県から指定都市へ移譲されるため、平成30年度分以後の個人住民税所得割額の割合が、指定都市(大阪市・名古屋市・京都市・横浜...
続きを読む


2017年7月12日 13:12

改正個人情報保護法

保護する範囲の明確化とビジネス利用拡大  2017年5月30日に改正個人情報保護法が施行されました。2003年に制定したこの法では個人情報は生存する個人に関する情報で氏名、生年月日等特定の個人を識別で...
続きを読む


2017年7月10日 17:26

医療費の立て替え払い

療養費の払い戻し請求  健康保険ではやむを得ない事由等で保険診療の療養の給付(治療等)を受けられなかった場合、後から療養費の請求ができます。健康保険では私傷病で治療を受ける場合医療機関の窓口に健康保険...
続きを読む


2017年7月 6日 09:51

権威と権力

 目標管理制度は経営戦略目標を達成する業績管理制度であり、そのために、自社の組織と社員を主体的・挑戦的に動かすマネジメントシステムともなっています。  その推進プロセスでは、経営者・管理者の権威や権力...
続きを読む


 平成22年度の税制改正でグループ法人税が導入され、完全支配関係の確認が不可欠となりました。  例えば、適格現物分配、繰越欠損金の引継、受取配当金の益金不算入、受贈益・寄付金の損益金不算入、自己株式の...
続きを読む


2017年6月29日 09:29

長時間労働対策

 過労死などを引き起こす長時間労働が問題視されています。  それは、労働問題であるばかりでなく、働きにくい企業として、人材確保の障害となり、また企業の労働生産性に起因する収益力や、我が国の国際的に見た...
続きを読む


 過年度において、正常に収益として益金の額に算入された売上高や資産の譲渡等について、その後の事業年度において契約の解除や取消し、返品、値引き等といった事実が生じた場合、一般論として、過年度に遡って、計...
続きを読む


2017年6月19日 13:00

能力開発目標の設定

 目標管理制度において、能力開発目標は特に一般職社員に対して設定を、義務付けることが多いと言えます。  能力の向上は業務目標の達成に役立つことは自明であり、中途採用者は別として、一般社員は能力開発の過...
続きを読む


顧客囲い込み目的のマーケティングツール  "1回食事をするごとに1個スタンプがもらえて10個たまると1回分が無料"、チェーンの飲食店や商店街の小売店などでもよくある顧客囲い込みのためのマーケティングツ...
続きを読む


2017年6月13日 14:36

免税とは非課税なのか

免税事業者の消費税請求  免税事業者は消費税を請求してよいのでしょうか。あるいは、取引の相手先が免税事業者だとしたら、消費税を上乗せした請求を拒否できるのでしょうか。  中小企業庁は、公正取引委員会と...
続きを読む


2017年6月 2日 10:15

ミニ保険と生保控除

少額短期保険(ミニ保険)会社とは  生保会社は金融庁長官の免許業者ですが、少額短期保険会社は財務局への登録制です。財務局登録業者のリストを見ていると、損保会社のほか、多くの有名な会社の名を冠した会社名...
続きを読む


自分の責務に忠実なこと≠会社全体の利益  自分の担当する業務にとってプラスとなることをしても、それが必ずしも、会社全体の利益につながるわけではありません。 (1)機会損失を恐れすぎると...  「買い...
続きを読む


同じ仕損じ・売り損ないでも評価額が違う 売価:700円/杯、材料費:400円/杯、人件費: 5万円/日、経費:5万円/日、生産能力:500杯/日、残った材料は翌日も使える。 Aさん:毎日売り切れの繁...
続きを読む


2017年5月30日 17:12

事業と非事業の判定

事業的規模の不動産所得  不動産貸付けでの事業的規模の判定には、5棟10室基準があります。不動産所得は、その不動産貸付けが事業的規模かどうかによって、所得金額の計算上の取扱いが異なります。この基準を満...
続きを読む


2017年5月24日 13:08

目標の整合

 目標管理制度の運用において「組織目標と個人目標の整合を図ること」が、重要な課題となります。 また、それは、公正で納得性がある基準の下で、社員の挑戦意欲が高まる方法で行わなければなりません。 目標の整...
続きを読む


それぞれの原義・慣用句  タックスヘイブンはTax(税)、Haven(避難所)の合成語で、法人税や所得税が、課せられない又は低税率の国や地域を指し、租税回避地と訳されます。  同じものとして、オフショ...
続きを読む


2017年5月22日 11:30

最近の日商簿記事情

会計事務所や経理担当者の登竜門!  会計・経理の資格といえば、やはり日商簿記(日本商工会議所主催簿記検定)や全経簿記(社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験)です。日商簿記でいえば1級が一番難し...
続きを読む


2017年5月19日 13:05

目標管理と人事賃金制度

 目標管理制度は人事賃金制度と不可分な機能を持ち、両者が相俟って経営業績を支えています。両者の機能を俯瞰的に見ますと図に示した通り全体と部分の関係を把握することが出来、制度の問題点検討や改善課題の発見...
続きを読む


意思決定を誤ると機会損失が発生する  買いたいというお客さんがいて、売る側も売りたいと思っていても、値段交渉での利益算定を誤ると、儲け損ないが発生します。これを機会損失と言います。 設例1:機会損失を...
続きを読む


資格喪失後の継続給付  健康保険の傷病手当金は、被保険者が業務外の病気やけがの療養の為に働く事ができない期間に給与が受けられない場合、又は給与の支払額が手当金より少ない場合に受給する事ができます。  ...
続きを読む


2017年5月16日 12:59

健康診断費用の補助

定期健康診断の実施義務  企業に働く従業員に対し、労働安全衛生法では年1回以上の定期健康診断を実施する事となっています。  健康保険の保険者である協会けんぽや健康保険組合と契約している健診実施機関(医...
続きを読む


2017年5月15日 17:33

カスケードダウン

「カスケードダウン」とは、"滝が急降下"する様子を意味していますが、目標管理制度では、「経営戦略・経営計画目標」から「組織・個人目標」を設定する場合、段階的に順次細分化することを指します。  目標管理...
続きを読む


2017年5月12日 16:20

価値創造で事業構造革新

 「価値創造」とは、図のように既存の事業努力から技術革新と価値転換を伴う全く新しい価値を創造することを言い、企業の顧客にとっての価値を追求して事業構造革新を図る中核的・戦略的アプローチです。  著名な...
続きを読む


高額所得者ほど所得税負担率は低い? 「高額所得者ほど所得税負担率が低い」という話を聞いたことはありませんか? 誰がそのようなことを言ったのかというと、意外にも財務省です。平成24年の「所得税の税率構造...
続きを読む


KPIとは業績評価のための指標  KPIはKey Performance Indicatorsの略語であり、重要業績評価指標のことです。  たとえば、かかりつけ薬局を標榜している場合、顧客名簿に登載し...
続きを読む


2017年5月 8日 17:30

目標達成方法のタイプ

 一般に問題解決・課題解決の方法には「仮説探索型」と「仮説検証型」の二つのタイプがあり、目標管理制度における目標達成の方法についても同様のことが言えますから、それらの特徴、注意点を知っておくと効率が良...
続きを読む


受給する年金額について  1月に総務省より公表された「平成28年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)は対前年比0.1%の下落となりました。平成29年度に支払われる年金額は4月分が支払わ...
続きを読む


SNS「ホチキスは取らないでOK?!」  昨年一部のSNSで、ホチキス針の箱の裏面に記されている表記が話題となりました。国内シェア75%の最大手の会社が製造する商品の箱の裏には次のような説明が白抜き文...
続きを読む


 株式投資信託(追加型)の課税実務においては、「個別元本」と「取得価額」の二つの数字が出てきます。 ●個別元本とは  個別元本は、投資信託を購入した時の時価で、それは「購入価額」のことです。株式であれ...
続きを読む


古典から現代の課題を探る  管理会計(特にマネジメント・コントロール関連)の古典の一つであり、初版は1965年の出版で、1983年に復刻版が上梓されたのが、David Solomons (1983):...
続きを読む


バランスト・スコアカード(BSC)  バランスト・スコアカードは、戦略経営のためのマネジメント・システムです。ハーバード・ビジネス・スクール教授キャプランとコンサルタント会社社長ノートンにより1992...
続きを読む


2017年5月 1日 11:16

組織開発と貢献度評価

 目標管理制度の運用では、「組織開発」が一石二鳥の働きをします。 組織開発の働き  すなわち、「組織開発」の成功要件は次の4点にあり、それらを目標設定と目標達成プロセスで活用することによって、社員の高...
続きを読む


勤務間インターバル導入コース  昨年より厚労省が「勤務間インターバル制度」の導入を推奨し、平成29年度より助成金を支給するとしていましたが、最近ホームページに内容が掲載されました。勤務間インターバル制...
続きを読む


勤務間インターバル導入コース  昨年より厚労省が「勤務間インターバル制度」の導入を推奨し、平成29年度より助成金を支給するとしていましたが、最近ホームページに内容が掲載されました。勤務間インターバル制...
続きを読む


導入のきっかけとなるか  昨年から厚生労働省で来年度から中小企業に勤務間インターバル制度を導入すると助成金を支給すると発表していましたが、最近その内容が厚労省のホームページに掲載されました。労働時間の...
続きを読む


2017年4月27日 17:50

チャレンジ度評価基準

 目標管理制度におけるチャレンジ度は、社員により高い目標設定を期待し、促進するために活用するものですが、評価の仕方について、創意工夫が必要になります。 チャレンジ度の評価基準  チャレンジ度の代表的評...
続きを読む


粗利益の絶対額を確保する方法は4つある  儲けの源泉である粗利益は、「売上-売上原価」で計算されます。一つ一つの粗利益の絶対額を積み上げたものがその会社(個人の場合は事業)の粗利益の総額です。 粗利益...
続きを読む


 公社債投資信託とは、証券投資信託の1つで、その信託財産を国債、地方債、社債など公社債(債券)に対する投資として運用し、株式、投資口、出資、優先出資等に対する投資として運用しない投資信託です。  そし...
続きを読む


バハマ国との租税情報交換協定の改正  2017年2月10日財務省は、バハマ国との租税情報交換協定を改正する議定書が署名されたと発表しました。これは、現行協定を改正し、OECDが策定した国際基準に基づく...
続きを読む


 平成28年分の特定口座の年間取引報告書の記載欄には、「上記以外のもの」として「⑩公社債~⑭国外公社債等又は国外投資信託等」が追加掲載されています。  これは、平成28年分から特定公社債等の利子等が上...
続きを読む


2017年4月24日 17:04

電子申告 今と昔

電子申告が普及した時期  申告書類を郵送せず、インターネットから申告するe-Taxも、今や認知度が高くなり「ああ、聞いた事あるね」という方が多くなったのではないでしょうか。  歴史(というほど古くはあ...
続きを読む


2017年4月20日 14:08

組織開発の原点

 組織開発とは、組織に所属する人々が、進んで困難な課題・問題解決に取り組む主体性とチャレンジ意欲、様々な知恵と工夫を生かす創造性、問題・課題解決のベクトルを合わせ、強い信頼関係と協力関係をもつ共同で実...
続きを読む


2017年4月18日 11:10

残業時間の上限規制

労働時間の原則  労働時間は1週40時間、1日8時間の原則(労基法32条)がありますが、労使で時間外労働協定(36協定)を結びこれに定めた通りに時間外労働をする場合には労働時間の延長を認める事としてい...
続きを読む


2017年4月17日 11:03

育児休業中に出勤した場合

育児休業給付金の取り扱い  育児休業中であっても会社に出勤する必要が生じたり、一定の日数を勤務する事があった場合に育児休業給付金は支給されるのでしょうか?  育児休業期間中に勤務をした場合には一定の条...
続きを読む


小口でもなれる!競走馬の「一口馬主」  競走馬の馬主(うまぬし)といえば、昔からお金持ちのステータスですが、数十万円からの小口の出資で間接保有ができる「一口馬主」という制度があります。  この制度は「...
続きを読む


海面養殖魚の主役は「ブリ類」「マダイ」  魚が美味しい季節となりました。アナゴ、イシダイ、シマアジ、ヒラメ、ブリやタコなどが舌を愉しませてくれます。  天然物は美味とされていますが、養殖物もよく出回っ...
続きを読む


2017年4月13日 14:04

相互フィードバック

 「相互フィードバック」は、目標管理制度の組織目標への貢献度評価を実施する方法として用いられ、評価の公正性・納得性が確保できるとともに、組織に所属する仲間の信頼関係を強化するメリットがあります。 相互...
続きを読む


最近よく聞く「一丁目一番地」  最近、政治家が「一丁目一番地」という言葉を口にするのをよく耳にします。意味としては、「一等地」というより、「最優先事項」として用いられているようです。「一」「一」とリズ...
続きを読む


2017年4月11日 16:15

介護離職防止支援助成金

 育児介護休業法が平成29年1月より改正されましたが、それに先立ち昨年の10月に介護による離職防止の制度を設けた企業に支給される助成金が新設されました。 要件1 実施事項 次の(1)すべてに該当し、(...
続きを読む


2017年4月 6日 11:57

領収書の使い途(番外編)

社会保険診療報酬の必要経費は概算経費率でOK  医院、歯科医院の事業所得を計算する場合、年間の社会保険診療報酬の額が5,000万円以下の場合には、租税特別措置法第26条の特例計算により、概算経費率を使...
続きを読む


2017年4月 5日 09:38

意味構造の作成手順

 「意味構造」とは、文章表現では説明が難しい複雑な問題・課題・提案について、意味する構造(因果関係)を分かり易く可視化する図解表示のことを言い、以下、その実務的な作成手順を解説致します。 意味構造の種...
続きを読む


新日・独租税条約では使用料の源泉が免除  2015年12月17日に署名された新日・独租税協定は、2016年10月28日に発効し、2017年1月1日以後に支払を受けるべきものから適用されています。(新条...
続きを読む


学校の授業料は消費税が非課税  消費税法では、学校教育につき、授業料・入学検定料・入学金・教科用図書の譲渡等を非課税としています。課税売上となるものは、事業収入や教室賃貸等の資産運用収入などに限られて...
続きを読む


非居住者である外国企業の課税は源泉課税  一般的に、国内に拠点のない外国企業の自国内源泉所得に課税する方法として、支払い側に源泉所得税の控除・納税義務を課す方法が採用されています。  たとえば、A社(...
続きを読む


介護現場からのニーズと外国人介護人材  人材不足が叫ばれて久しい介護現場。高齢化が進む中、介護人材の確保・育成のニーズは年々高まっており、外国籍人材の受入についても長年議論が交わされていました。  日...
続きを読む


健康経営とは  最近「健康経営」と言う言葉を聞く機会が増えてきました。一昔前の従業員の健康管理より企業の利潤追求が優先であった時代では会社は最低限の義務と各従業員の自己責任と言う考え方が普通でした。し...
続きを読む


2017年3月22日 14:20

育児・介護休業法の改正

平成29年1月より改正 介護休業法  育児・介護休業法の改正のうち、ここでは介護休業法の改正について説明します。  介護休業法とは対象労働者の要介護状態(負傷、疾病等で2週間以上の期間、常時介護を必要...
続きを読む


2017年3月21日 12:46

意味構造の使い方

 「意味構造」とは、文章表現では説明が難しい複雑な問題・課題・提案について、意味する構造(因果関係)を分かり易く可視化する図解表示のことを言います。  例えば、図示したように、ある複雑な問題の因果関係...
続きを読む


 株式等に係る譲渡所得の課税は、申告分離課税で国税15%(別途復興税有)、住民税5%です。  しかし、28年1月1日以後の株式等に係る譲渡所得については、上場株式等に係る譲渡所得とそれ以外(一般)の株...
続きを読む


2017年2月17日 09:18

65歳超雇用推進助成金

平成28年10月にできた助成金  高年齢者の雇用の確保の為に定年引き上げ等の措置を実施した事業主に対して支給されるものです。今までにも似たような助成金はありましたが、今回は65歳までの継続雇用制度を導...
続きを読む


2017年2月15日 10:07

共創型リーダーの技

 共創型リーダーとは、共創("異質な知を融合して、新しい知を創出する")を導く使命を持ったリーダーのことを指し、近年、目標管理の目標設定、達成プロセスの問題解決などにおいて、共創型リーダーが、その使命...
続きを読む


国外扶養家族の条件はハードルが高い  平成 27 年度の税制改正で、平成 28年 1 月より非居住者である扶養親族(「国外居住親族」)を有する者は、給与等の源泉徴収及び年末調整において、「国外居住親族...
続きを読む


雇用保険の適用拡大  平成29年1月1日より雇用保険の「高年齢被保険者」として65歳以上の方も適用の対象となりました。今までも高年齢被保険者として65歳に達する前から雇用され、65歳に達した日以後も引...
続きを読む


相談件数はパワハラがトップ  毎年、全国の労働局への相談件数のうち一番相談件数が多いのがパワーハラスメント(パワハラ)です。厚労省ではパワハラを「職場の地位や人間関係等職場内の優位性を背景に、業務の適...
続きを読む


2017年2月 8日 09:08

共創型リーダーシップ

 "価値共創"とは、「企業が様々なステークホルダーと協働して、共に新たな価値を創造すること」を指す場合が多いのですが、ここでは企業内で生み出す"共創価値"の必要性と方法について述べます。 経営管理にお...
続きを読む


2017年2月 1日 13:24

働く女性の率が大幅に上昇

労働人口の変化  総務省の労働力調査によると、平成27年の女性の労働力人口は2842万人と前年に比べ18万人増加(前年度比0.6%増)しており男性は3756万人と7万人減少しています。労働力人口は前年...
続きを読む


2017年2月 1日 13:12

"軸足"を生かす

 "軸足"とは、「スポーツなどで軸のように自分のからだを支える足のこと」を言い、軸足にしっかり乗ることの重要性を表す言葉として良く知られています。また、「思考・方策・行動などの重点」を指す言葉として使...
続きを読む


 今回の改正で、延長又は存置等された主な項目を確認の意味を込め概観してみます。 ●法人税関係 ①中小企業等の貸倒引当金の特例については、適用期限を平成30年度末まで延長。なお、事業協同組合等にあっては...
続きを読む


 今年度の改正は、主に①酒税についての税率構造の見直し、②車体税の見直しです。    これらの改正は、一般の事業者にとっては直接的な影響が希薄なことから、内容の詳述は割愛させて頂きます。  その他、仮...
続きを読む


 国際課税の主な改正項目は、何といっても「外国子会社合算税制(CFC税制)」等の総合的見直しです。  CFC税制とは、外国子会社を利用した租税回避を抑制するために、一定の条件に該当する外国子会社の所得...
続きを読む


 今回は、役員給与等の改正を中心に幾つかの改正項目を概観していきます。 ●役員給与等について見直し (1)利益連動給与について、改正案では現行の利益指標に株価等の指標(業績連動指標)を追加、また、計測...
続きを読む


外国人は契約・派遣社員でも働ける?  契約社員や派遣社員をはじめとした、いわゆる「非正規雇用」の割合は年々増え、今や4割とも言われています。雇用主、労働者双方にとって多様な働き方が求められていますが、...
続きを読む


2017年1月18日 19:17

冬の職場の健康管理

寒さと健康管理  冬季においては職場の健康管理の面で、寒さに関連するインフルエンザ等の感染症や循環器疾患対策を考える必要があります。感染症は誰でも起こりますし、寒さで循環器疾患の発症も高まります。冬季...
続きを読む


2017年1月16日 09:34

共同目標達成の基点

 共同目標を達成しようとする場合、達成までの全プロセスのはじめの段階にチームの力を結集して事にあたる基点があります。 共同目標達成のステップと基点 その基点は次の目標達成ステップの2に位置付けられます...
続きを読む


社会保険診療報酬は消費税が非課税  消費税法では、国内において事業者が事業として対価を得て行われる取引を課税の対象としています。ただし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の...
続きを読む


米国の日本子会社は合同会社形態が多い  米国ウォルマートの日本法人である西友も、米国ケロッグ社の日本法人の日本ケロッグも、会社の形態は"合同会社"です。  平成18年の会社法により新しく設けられた形態...
続きを読む


2017年1月10日 13:07

組織のカタチ

 組織は、事業を推進するための機能を備えた"人の集まり"で、その良否は企業経営に直接的、根本的な影響を与えることは言うまでもありません。  事業推進が思わしくない、業務に不具合が生じているときなど、ト...
続きを読む


外国人従業員にも年金の加入義務あり  社会保険(健康保険・厚生年金)の加入は、すべての法人の事業所、あるいは一定の業種で常時5人以上を雇用する個人事業所では強制適用となっています。  適用事業所で働く...
続きを読む


2016年12月28日 11:30

年末調整とマイナンバー

年末調整関連書類と個人番号の記載  給与所得者(従業員等)は平成28年1月以降に提出する扶養控除等申告書に給与所得者のマイナンバー(個人番号)を記載し、控除対象配偶者や扶養親族の個人番号も記載する事に...
続きを読む


2016年12月28日 10:37

男性の育休取得に助成金

男性の育休取得率伸びる  厚生労働省から「平成27年度雇用均等基本調査」の結果が発表され、育児休業取得割合(取得率)が明らかになりました。これによると平成27年度に育児休業を取得した女性の割合は81....
続きを読む


ものづくり補助金とは  この補助金は、中小企業・小規模事業者が取り組む、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。経営革新等認定支援...
続きを読む


2016年12月27日 08:43

変化へ挑戦する力

 現代は"変化の時代"で、企業経営においても変化の波を避けて通ることは難しく、生き残り、存続するために、常に変化へ挑戦する力を持たなければなりません。  言い換えれば、変化を的確に洞察、予知し、対応策...
続きを読む


2016年12月27日 08:31

"正しい判断"

 "正しい判断"は、決断、実行、成果獲得に至る第一歩です。  SWOT分析や3C分析などを使って経営分析を行なうのは、正しい経営判断を行ない、中期経営計画、年度経営計画や、経営目標、施策を決断、実行し...
続きを読む


 小規模事業者持続化補助金とは、経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出る補助金制度です。  補助対象者は下記の通りです。 ●卸売業・小売業...
続きを読む


 会社法下で、旧商法上の有償減資と同様な効果を得るためには、資本金の額を減少させると同時に、その減少した資本金の額に対応した「剰余金の配当」により株主に金銭等の払戻しを行うことになります。  この剰余...
続きを読む


2016年12月15日 09:16

平成28年度地域別最低賃金

今年も上がる時給額 上げ幅最大  最低賃金とは国が賃金の最低限度額を定めた額以上の賃金を労働者に支払わなければならないと言う制度ですが最低賃金の決定は今年も10月に発令されています。  比較可能な平成...
続きを読む


 会社は、必要なときいつでも株式の併合又は分割ができます。 会社法上の手続き  株式の併合は、10株を1株するなどして株式数を減らすことで、その手続きには、株主総会の特別決議を必要とします。一方、株式...
続きを読む


 株式会社は、権利内容の異なる複数の種類の株式を発行することができます。会社法は、九つの種類株式を規定しています。以下、幾つかその内容を概観してみます。 ●種類株式の特徴とその発行手続き ①譲渡制限株...
続きを読む


2016年12月 9日 09:18

昇格・昇進の基準

 通常、年1~2回行なわれる昇格・昇進は人材育成の成果で、有能な人材を育成した結果として、企業経営を支えて活躍する機会を与え、かつ相応に処遇することです。 なお、昇格とは、等級制度における等級を上げる...
続きを読む


履歴書に「2級合格」と書いてあっても...  11月20日は本年最後の日商簿記検定の試験日でした。会計資格の人気が落ちてきたとはいえ、日商簿記1~4級の年間受験者は約55万人(平成27年)。これは大学...
続きを読む


作家には黙って使って事後報告  元名古屋大学助教授で小説家の森博嗣さんが著された「作家の収支」(幻冬舎新書)には、皆の興味をくすぐるものが多く記されています。その中に作品が「入試問題に使われた場合」の...
続きを読む


2016年12月 5日 09:35

貢献度評価の手順

 "貢献度評価"は、「本来、人間は主体的に行動し、創造性も有し、情熱を傾けて仕事をしたいと思っており、組織がそれを妨げずに解き放つことが大切だ」と言う人間観に立っており、心の通い合う「信頼関係」に満ち...
続きを読む


老齢年金の受給を遅らせたい時  老齢年金の受給年齢になり、在職中の場合、60歳以降も収入が確保されるので年金受給しないで65歳に到達する場合があります。65歳でまだ年金を受給しなくてもいいと言う時、本...
続きを読む


被扶養者の認定要件が緩和  健康保険の被扶養者の認定が受けられる家族の範囲は3親等までの親族で被保険者が生計を維持していることが要件となります。そのうち一定の範囲の家族は同居している事も要件となります...
続きを読む


棚卸資産の付随費用の配賦計算  種類の異なる棚卸資産を購入した場合、共通する付随費用を期末棚卸資産に配賦しますが、手間のかかる決算作業の一つです。  その配賦の「やり方」としては、具体的には、次のよう...
続きを読む


2016年11月29日 10:00

貢献度評価への転換

 近年"成果主義評価制度"が広く採用されていますが、さらに、最近ではその"成果"を、"貢献度"を基準として評価する制度である"貢献度評価"へ転換する企業が現われています。 "貢献度評価"とは "貢献度...
続きを読む


租税回避とは  日本での解釈としては、脱税は違法な行為、節税は予定された合法行為、租税回避は合法だが行為計算否認規定により不当な行為とされる可能性のあるもの、です。  でも、完全親会社が子会社に自己株...
続きを読む


棚卸資産の付随費用  棚卸資産の取得価額は、購入代価のほか、購入のために要した費用及び販売の用に供するために直接要したすべての費用(付随費用)で構成されます。この「付随費用」は外部付随費用と内部付随費...
続きを読む


2016年11月24日 14:37

2つのはしご

 専門職の活躍が事業推進のカギを握っている企業では、よく"2つのはしご(複線人事)"を活用しています。 "2つのはしご"は、等級制度に管理職系統と専門職系統の2つを準備し、賃金制度・人材育成制度などの...
続きを読む


都・築地市場の豊洲新市場への移転を延期  東京都の豊洲市場問題(盛り土問題)。小池都知事は、「都民ファースト」の観点から①安全性への懸念、②巨額かつ不透明な費用の増加、③情報公開の不足の3つの疑問点が...
続きを読む


2016年11月18日 09:19

社会保険の適用拡大

10月からパートタイマーの適用が広がる  これまでは一般的に週30時間以上働く方が厚生年金保険・健康保険の加入対象者でしたが、10月からは週20時間以上働く方も加入対象者となります。但し、対象は従業員...
続きを読む


10月から「株主リスト」の添付が必要に!  商業登記規則等の一部を改正する省令(平成28年法務省令第32号)が平成28年10月1日から施行され、株式会社等が、株主総会の決議を要する事項について法務局に...
続きを読む


2016年11月17日 09:35

すでに存在する貯蓄税

預金税、富裕税などの実現可能性  ときどき、預金に課税するという新税案がマスコミで採り上げられることがあります。民主党時代の予算委員会で副大臣が富裕税という考え方もある、と発言をしたこともあります。で...
続きを読む


2016年11月 9日 16:11

事業環境変化への対応

 "事業環境への対応に失敗すると企業は衰退する"ことは常識と言えますが、実際には企業の対応状況は、千差万別です。 事業環境変化への対応とは  事業環境変化への対応は、競争力を維持・強化するために行ない...
続きを読む


2016年11月 9日 16:01

「生計を一にする」の定義

「生計を一にする」の解釈  「生計を一にする」という用語は、多くの税法で用いられています。ただし、税法そのもので、その定義はされていません。解釈通達での定義で済ませています。 法人税法では  法人税法...
続きを読む


所得、財産、消費の捕捉  消費税の導入の際、竹下総理は、所得と資産と消費へのバランスのとれた課税制度があるべき姿と国会演説していました。  しかし、国税としては、所得の捕捉に比べて財産の捕捉、消費の捕...
続きを読む


2016年11月 4日 09:09

等級制度の基軸性

 役割等級制度・職務級制度・職能資格制度など、等級制度は、人事賃金制度体系の基軸ですが、その意味について考えておくと、制度の設計と運用に役立ちます。 人事賃金制度体系における位置づけ  人事賃金制度体...
続きを読む


一般管理費の損金算入時期  償却費以外の一般管理費については、その事業年度末までに債務が確定していればその期で損金算入するのが原則です。  債務の確定の意味は、その事業年度の終了の日までに、 ①その費...
続きを読む


2016年10月31日 13:49

具体的問題認識の効用

 問題を解決するには、その問題について"的確な状況判断"を行なうことが不可欠です。言いかえれば問題について漠然とした、曖昧な認識をしていると、的確な状況判断ができず、従って解決すべき問題の実態が具体的...
続きを読む


2016年10月18日 09:56

"三現主義"の難しさ

 "三現主義は、"現地で、現物を見て、現実に即して判断すること"を意味し、"三現主義に基づく的確な状況判断"は全ての経営問題の解決を図るための基礎です。 「状況判断の誤り」は「誤った対策」に直結し、重...
続きを読む


オリンピックと帰化  今年のリオオリンピックでは日本のメダル獲得数が史上最多の41個となり、大いに盛り上がりました。若手選手の活躍も見られ、4年後の東京オリンピックに向け更に期待が高まります。 今回の...
続きを読む


人手を確保するのに必要なこととは  景気の緩やかな回復基調の中で有効求人倍率が上昇傾向にある中、特に中小企業の多くで人手不足が常態化することが予想されます。厚労省の「今後の雇用政策の実施に向けた現状分...
続きを読む


2016年10月14日 09:17

人材募集の留意点

労働者募集に際しての注意点  人材募集に関して有効求人倍率は1.37倍と求人が活発な状況にありますが、労働者の募集に際して注意をする点について考えてみたいと思います。法的に規則で規制されている事項は主...
続きを読む


2016年10月12日 09:51

目標管理のビジョン

目標管理制度の本質的目的は、「経営目標を達成するための業績管理」にありますが、企業によって経営課題が異なることから、実際には、様々な目標管理制度の適用、運用が行なわれています。  しかし、現状の制度運...
続きを読む


外国人による家事支援、ついにスタート  国家戦略特別区域法の改正で外国人家事使用人の受入れが解禁されたことを受け、7月27日、神奈川県や内閣府などが外国人による家事支援サービスを手掛ける事業者として3...
続きを読む


みんな非課税所得扱いだった  扶養義務者相互間の扶養義務履行給付としての学資金、及び給与性のない給付学資金は非課税でした。そして、従来通達では、従業員に支払う小中学、高校までの学資金は給与性なしとみな...
続きを読む


2016年10月 5日 14:11

パーソナリティーを活かす

 目標管理にとって、一人ひとりの社員や組織の"バイタリティー"は不可欠なものですが、近年は「多価値化の時代」などと言われ、"パーソナリティー"も重視され、目標管理の運用においても同様です。 "パーソナ...
続きを読む


2016年10月 5日 13:33

修学資金の貸与とお礼奉公

 お礼奉公、この語には前近代的な「因業(冷淡で無情な)金貸し」という暗いイメージが付きまといますが、反面、合理的な側面も持っています。その内容はこうです。  事業者が修学者等に学資金を貸与(貸付け)し...
続きを読む


2016年9月30日 15:43

特定求職者雇用開発助成金

就職困難な方を雇用した時の助成金  障害者法定雇用率が2.0%となりましたが、障害者等対象となる就職困難な方を雇い入れた場合に事業主に対して支払われる助成金を紹介します。 受給要件  雇い入れ日現在6...
続きを読む


2016年9月28日 10:00

目標管理機能強化の鍵

目標管理制度の本質的な目的は、経営計画で定めた目標を達成するための"業績管理"にあります。  しかしながら、目標設定や運用において、トップダウンや指揮命令が強化されると、ともすると社員から"ノルマ管理...
続きを読む


 事業年度の変更は、グループ間企業の決算期の調整といった観点からなされること多いように思われますが、一方、節税対策の目的で事業年度の変更がなされることもままあります。  例えば、立退き料の収受、不動産...
続きを読む


2016年9月10日 14:14

褒めて動かす

 社員のやる気を高めるには「良い点を褒めるのが効果的」であると言われています。  しかし、褒め方によっては、かえって逆効果となる場合もあり、注意が必要です。   失敗する褒め方/成功する褒め方 失敗す...
続きを読む


2016年9月 9日 13:47

経営ビジョンの要件

 経営ビジョンは、企業にとって、社員とその他のステークホルダーにとって、重要な意義をもっており、そのためにいくつかの要件を満たすものでなければなりません。 経営ビジョンの要件とは 経営ビジョンが具備す...
続きを読む


2016年9月 6日 14:43

経営ビジョンの力

 経営ビジョンは自社の"夢と希望"、言いかえれば、"自社が社会に存続する意義、目指していること、やりたいこと"を明文化し、社員やステークホルダーに示して、将来への道筋を指し示します。 経営ビジョンがも...
続きを読む


2016年9月 3日 14:18

管理者は偉い人?

"管理者は権限を持ち、指揮命令する偉い人"だと管理者が自認し、一般社員からも、そのように見られている企業は様々な障害を持つ問題企業であると言えます。 "管理者は偉い人"の問題点 このような管理者が多い...
続きを読む


建物附属設備・構築物の「定額法」一本化  平成28年4月1日以後に取得をする建物附属設備及び構築物・鉱業用の建物の償却の方法については、「定率法」が廃止され、次の償却方法が適用されます。 ①建物附属設...
続きを読む


2016年9月 1日 15:59

介護離職者の増加対策

年間10万人超の介護離職者  内閣府の「平成27年版高齢社会白書」によると平成23年10月から24年9月までに介護や看護を理由とする離職者は10万1千人もいたそうです。  離職や退職をした内訳は男女と...
続きを読む


8月より支給率を引き上げ 雇用保険の介護給付金はこれまで休業開始時の賃金の40%でしたが、平成28年8月以降に開始する介護休業からは支給率が67%になります。支給額の比較をしてみると休業開始時日額1万...
続きを読む


2016年8月31日 15:49

許認可と建物の使用承諾

許認可の基本、「場所」  事業の内容によっては各関係官庁から許認可を得なければ営業できないものがあります。一口に許認可とは言ってもその手続きは多種多様ですが、大抵の手続きで基本となるのが「人」「財産」...
続きを読む


2016年8月30日 15:55

共通の価値観

「全社員が共通の価値観で結ばれている」と言える企業は、強い企業です。   すなわち、価値観は、企業風土や従業員の具体的な行動、顧客が受け取るサービスや商品のありかたにも影響し、結果として企業の存続、消...
続きを読む


2016年8月27日 11:21

海外勤務中の社会保険

社会保障協定締結国への派遣 海外支社等へ勤務等の転勤で日本の健康保険や厚生年金に加入していて、日本と外国どちらにも社会保険料を支払う事になる「二重加入」の問題があります。そこで保険料の掛け捨てにならぬ...
続きを読む


2016年8月24日 13:32

ベンチマークの活用

"ベンチマーク"とは、「社会の物事のシステムのあり方や規範としての水準・基準など」を意味しますが、企業における課題解決を図る場合は、「競合他社などの優れた経営手法(ベストプラクティス)を持つ企業を分析...
続きを読む


2016年8月21日 12:28

役割等級制度の目的

 近年、企業の人事賃金制度の基軸として「役割等級制度」が注目され、活用する企業が増加しておりますが、その目的から見るといくつかの類型が見られます。 [役割等級制度・目的類型区分] Aチーム業績・貢献度...
続きを読む


2016年8月18日 10:46

合同会社の活用法

 企業が創造的な開発業務を行なう場合で、自社が保有する技術を補完するため、外部の企業、専門人材を集めてプロジェクトチームを編成する必要がある時、専門人材が自由にコミュニケーションを行ない、合意形成を図...
続きを読む


取締役と利益相反取引 買い物をするとき、消費者であればできるだけ安く購入したいと考え、販売者であればできるだけ高く売りたいと考えますね。このように、お互いの利益が対立する状態を「利益相反」と言います。...
続きを読む


2016年8月15日 11:27

等級差の判定法

役割等級制度を導入する場合、役割定義を行ない、等級差を検討しますが、その際の実務的な判定法について解説致します。 等級間に重要な差を見出すには 等級差の判定は以下の実務手順により、行ないますが、最も困...
続きを読む


2016年8月 5日 11:34

賃金体系の選び方

賃金体系は、職務役割等級制度等に基づいて決定され、社員の意欲を高める人事制度の中核に位置付けられます。 そこで、自社の業種・活躍して欲しい人材に合った賃金体系を選択する必要があり、その判断基準を「職務...
続きを読む


キャリアアップ助成金とは 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。以下「有期契約労働者等」と言う)へ企業内でのキャリア...
続きを読む


2016年7月29日 17:19

貢献度重視のマネジメント

役割等級制度では、役割に伴う成果責任等を定義し、その実績の経営貢献度を評価して、給与、その他の処遇を決定します。  この貢献度評価の考え方、方法は、社員のやる気に大きな影響がありますので、よく検討して...
続きを読む


2016年7月26日 15:41

役割等級定義の方法

社内等級制度は賃金等の処遇の基軸となる重要性を持ち、経営者・管理職・一般社員から見て等級の違いがよく分かり、納得性がある等級定義が必要になります。   役割等級定義の方法 ①   役割等級数の検討 中...
続きを読む


2016年7月22日 15:39

企業の配偶者手当の行方

見直しの時が来そうな配偶者手当 4月から女性活躍推進法も施行され女性の就業環境も広がりつつあります。今までは税制・社会保障制度に沿い、配偶者の女性がパートタイマー等で就労し労働時間を抑制してきた点はあ...
続きを読む


10万円から15万円に改定  平成28年度の税制改正で通勤手当の非課税限度額が「10万円」から「15万円」に引き上げられ4月から施行されました。今回の改正で非課税の該当者が若干増えるかもしれません。 ...
続きを読む


法人利用が進む人型ロボット「Pepper」  ソフトバンクで販売されている人型ロボット「Pepper」。27年10月には法人向けモデルの「Pepper for Biz」が発表されています。ロボットとい...
続きを読む


2016年7月20日 11:35

役割等級制度設計の体制

役割等級制度の設計、導入は、企業の人事賃金制度の根幹を見直す重要課題ですから、トップの意思決定に基づき、かつ経営者・管理職・全一般社員が納得する推進体制が不可欠です。   役割等級制度設計目的の明確化...
続きを読む


3月の開幕が増えたプロ野球  平成28年のプロ野球ペナントレースも3月25日(金)に開幕しました。昔は開幕日が4月であったことも多かったのですが、最近は試合数が増加したこともあり、3月に開幕することが...
続きを読む


休憩時間の法則 勤務時間の休憩時間は労働時間が6時間を超える時は45分以上、8時間を超える時は1時間以上与える事となっています(労働基準法第34条)。内勤業務の場合は休憩時間中に仕事を命じれば法定休憩...
続きを読む


2016年7月14日 15:42

役割定義の基礎知識

 役割等級制度では、実在の人が担当する職務について、その等級が適正であることを示す、実態に裏付けられた役割定義を明確化する必要があります。   組織と業務の関係  そのためには、基礎知識として、図示し...
続きを読む


2016年7月13日 15:48

女性活躍推進法とは

職場における女性の活躍を推進する法律  平成28年4月より「女性活躍推進法」が施行されました。この法律はどのような内容なのか見てみましょう。  労働者301人以上の企業は、女性の職務における活躍の推進...
続きを読む


2016年7月12日 16:37

人事賃金制度の基軸

 社内等級制度には、職能資格制度・職務級制度・役割等級制度などがあります。 一般に、評価制度を介して賃金制度・退職金制度・昇格・昇進・配置・異動等の人事制度に繋がっており、それらの基軸となっています。...
続きを読む


学生アルバイトの応募が増える季節 桜が終わり、あっという間に新緑の季節がやって来ました。新しい年度が始まって1カ月もすると学校生活もひと段落しますので、例年5月頃は学生のアルバイト応募数が多くなる時期...
続きを読む


今までとこれからの計算方法 平成28年4月から健康保険の傷病手当金と出産手当金の支給額の計算方法が変更されました。支給開始される前1年間の給与を基に計算した金額で支給されます。 今までの支給額の計算の...
続きを読む


2016年7月 1日 15:47

作業手順書の活用

"作業手順書"は規定された品質・効率をもつ製品やサービスを完成させるために、必要な作業内容・手順を文書化したものです。同じ目的を持つ文書に"標準書"がありますが、"手順書"は"標準書"の一部分を、より...
続きを読む


2016年6月30日 13:30

海外進出時の経理業務

海外に支店もしくは子会社を持つケース 海外進出と言えばどういったイメージをお持ちでしょうか? 「日本での販路は開拓し尽くして商圏を海外に求めるため」や「製造会社がより安い人件費を求めて発展途上国に工場...
続きを読む


職務上で勤務態度不良や協調性が欠如している従業員を社員としての適性が欠けると判断した場合解雇はできるのでしょうか。  判例によると、他の従業員と度々対立し、上司の命令に従わず、遅刻・私用外出を繰り返す...
続きを読む


問題社員ならまず注意・指導を 企業においては時々能力不足や勤務成績不良など、労務提供がきちんと行われていない従業員に退職を促したいと考える場合があります。しかし能力不足や勤務成績不良と言う事由だけでは...
続きを読む


2016年6月21日 16:59

"BSC"と経営管理

"バランススコアカード(BSC)"は、近年経営戦略の策定や目標管理制度の目標設定・評価尺度設定によく利用されており、上手に活用すると、重点思考の経営管理を行うことができます。 "BSC"とは "BSC...
続きを読む


三年以内既卒者等採用定着奨励金 学校の既卒者等の応募機会の拡大・採用・定着を図る為の助成金が新設されました。既卒者・中退者(卒業・中退後概ね3年以内)が応募できる新卒求人の申し込み又は募集を新たに行い...
続きを読む


2016年6月16日 11:44

次工程はお客様

「顧客ご満足の追求」は、全ての企業にとって重要な使命と言えますが、この考え方を社内の前後工程に応用すると有益です。  例えば、表に示した社内工程のつながりの中で「製品保管・入出庫」の次工程は「荷造り」...
続きを読む


2016年6月15日 17:17

目標管理の導入目的

目標管理制度は、導入・活用の目的によって、経営に対する影響が大きく異なります。最近の事例から、その導入目的類型を整理しますと次の通りです。 目標管理制度・目的類型区分 類型 類型名称 内容説明 A 経...
続きを読む


2016年6月15日 14:42

提案文書の内容配分

企画提案文書を作成しようとする場合、役員など、提案する相手に分かりやすく、ポイントを要領よく記述する必要が生じます。ここでは、その実務的な内容配分(分量配分)の方法を解説致します。   内容配分計画・...
続きを読む


労働者派遣事業が許可制に一本化 平成27年9月30日に労働者派遣法が改正され、労働者派遣制度が大きく変わりました。そのうちの一つに、「特定労働者派遣」と「一般労働者派遣」の一本化が挙げられます。「特定...
続きを読む


派遣労働者に対するキャリアアップ支援  平成27年9月30日に改正された労働者派遣法では、派遣元には派遣労働者に対するキャリアコンサルティングを行う事が義務付けられました。派遣業の許可基準として派遣労...
続きを読む


外国人社員の国際結婚・国際離婚 日本での国際結婚件数は年間約3万件にも上る一方、国際離婚の件数は年間約1万8000件とされ、どちらも今や決して珍しいことではなくなってきました。結婚や離婚はプライベート...
続きを読む


2016年6月 3日 10:20

目標達成方法の検討

目標達成方法を検討している時や目標達成プロセスで行き詰まった場合、何か良い達成方法がないか検討する必要が生じます。  そのような場合、単に何か良い方法はないか、と考えるのではなく、「オズボーンのチェッ...
続きを読む


行政法の手続法の体系 行政不服審査法は、行政事件訴訟法とセットになっている法律で、両者を合わせて行政救済法という分野を構成しています。 また、行政の事前事後手続に関する法律の分野を構成するものとして、...
続きを読む


2016年5月26日 14:32

標準化の推進

ビジネスでよく活用されている「標準書」の元になっている"標準"の定義は、JISによれば「関係する人々の間で利益又は利便が公正に得られるように統一し、単純化を図る目的で、もの(生産活動の産出物)及びもの...
続きを読む


租税条約とは  租税条約とは、「国際的二重課税を防止するため」に国家間で結ばれる条約です。日本は、2016年1月1日現在、65条約、96の国・地域と租税条約を結んでいます(多国間条約である税務行政執行...
続きを読む


登記申請時の株主情報添付が必須に? 会社の設立登記や役員変更登記をはじめ、法務局に「登記申請」を行う際、添付書類などの具体的な手続き詳細を定めている「商業登記規則」。この規則に関する、とても興味深い改...
続きを読む


2016年5月19日 13:33

企画業務と"見える化"

 企画書とは目的達成のための設計図で"見える化"がよく活用されます。 例えば、展示会への出展を足がかりとして市場開拓・販路開拓を図ろうとする場合に、"見える化"を大いに活用した「展示会出展企画書」を作...
続きを読む


2016年5月16日 16:36

離職票の離職理由が違う時

離職票の離職理由 会社を退職した時に失業給付を受ける場合は退職者が離職票をハローワークに提出しなければなりません。その際会社の記載した離職票の記載内容が本人の思っているのと違うケースがあります。離職票...
続きを読む


目標管理制度を活用している多くの企業の中で、「目標管理制度は上司と部下に共通する基本的なマネジメントサイクルそのものである。」と定義し、「目標設定-進捗管理-達成度評価(PLAN-DO-SEE)のサイ...
続きを読む


功績倍率「2~3倍」で大丈夫か? 「役員退職金をどのぐらい支払えばよいか?」というのは実に悩ましい問題です。  一般的には、役員退職金の算定方法は、「功績倍率法」(退任時報酬月額×在任年数×功績倍率)...
続きを読む


2016年5月12日 12:06

残業削減の取り組み

 独立行政法人労働政策研究・研修機構が従業員100人以上の企業約2500社から回答された調査の結果、最近過去1年における1カ月当たり所定外労働時間は平均24.5時間でした。また、過去1カ月当たり45時...
続きを読む


厚生労働省が昨年発表した「平成26年労使コミュニケーション調査」は、労使間の意思の疎通方法やその運用状況等事業所と労働者の意識の実態を調査したものです。全国約5,500事業所で常用労働者数30人以上事...
続きを読む


2016年5月10日 11:41

問題解決策の検討

問題解決アプローチでは、「問題の因果構造分析」が終了し、問題発生原因が特定されたら、原因に対して問題解決策を検討し、その正しさを検証しなければなりません。 問題解決策の検討手順  問題解決策の検討手順...
続きを読む


2016年5月 9日 09:30

問題の因果構造分析

目標管理などで、製品の不具合・不良の問題解決を図るアプローチでは、まず「問題定義(どのような問題現象か、発生比率はどの程度かなど)」を行なった後に、その発生原因を追究することが必要になります。 問題の...
続きを読む


65歳以上の方でも新規加入ができるように  厚生労働省は来年度から65歳以上の高齢者も新規に雇用保険に加入する事ができるようにする方針を固めました。高齢者の雇用を拡大して行く方向で通常国会に改正案を提...
続きを読む


退職金のポータビリティ範囲の拡大  中小企業退職金共済法(中退共)の一部が平成28年4月より改正されます。  今回の改正は勤労者退職金共済機構における資産運用のリスク管理体制を強化し、制度のポータビリ...
続きを読む


2016年4月21日 14:51

問題解決アプローチ

目標管理でしばしば取り上げられる「不具合・不良」などの問題解決型テーマの一般的、実務的アプローチを紹介します。 問題解決の一般的アプローチ 製品の不具合、クレームの発生、営業上の障害発生等、全ての問題...
続きを読む


2016年4月12日 14:18

役員と旧姓の登記

夫婦別姓について最高裁が初めての判断 平成27年12月、夫婦別姓を認めない民法の規定について争った裁判で、最高裁判所が初めて「憲法に違反しない」という判断を示しました。夫婦が同じ名字にするか別々の名字...
続きを読む


2016年4月 7日 14:03

中期経営計画が陥る誤り

中期経営計画は、3~5年を期間として策定される経営計画で、成長性・効率性・健全性などを指標とし、企業体質の改善を主眼として策定されます。短期経営計画(1年)が事業目標の達成、長期経営計画(10年)が経...
続きを読む


2016年3月29日 14:49

定型職社員の給与制度

定型職社員の給与制度を設計する望ましい考え方と代表的な給与体系について紹介致します。 社員の業務と給与体系  定型職とは、生産技能職・パソコン操作等の事務職・保安警備職・狭い範囲の販売職など、基本的に...
続きを読む


 国際課税の改正の中心は、「BEPSプロジェクト」の勧告を踏まえた移転価格税制に係る文書化の拡充・整備かと思います。以下、主な項目を概観していきます。   ●移転価格税制の文書化の整備等 多国籍企業の...
続きを読む


前回に続いて法人課税に関する改正項目です。地方税を中心に主な項目を概観していきます。   ●法人事業税の税率改正  資本金の額(出資金の額を含む)1億円超の普通法人については、法人事業税における外形標...
続きを読む


平成28年1月からの雇用保険の手続  従業員の方たちから会社に提出された個人番号(マイナンバー)は1月以降、雇用保険や労災、源泉徴収票等の手続で使用します。雇用保険は従業員の入社や、退職した場合の手続...
続きを読む


労働基準監督署の行う調査の種類  労働基準監督署の行う調査にはいくつかの種類があります。「定期監督」「申告監督」「災害時監督」「再監督」等です。 「定期監督」とは年度ごとに重点業種の重点項目を決めて行...
続きを読む


議事録は作成しなければならない 役員に対する退職慰労金の支払いは、株主総会承認事項です。総会や取締役会などの議事については議事録を作成すべきこととされていますので、遅れたタイミングででも作成しておくべ...
続きを読む


法人税は公正なる会計処理を前提にする 法人税で定める「公正処理基準」とは何かについて、これを争点とした訴訟がありました。役員退職給与の分割支給時費用処理の是非が論点です。   納税者の主張する更正処理...
続きを読む


2016年2月25日 15:51

目標管理制度の問題解決

近年、目標管理制度スタート当初の目的と本当に企業にとって役立つ制度とする上での目的との間で矛盾を感じて悩む企業が現われています。 問題の代表的発生原因  このような問題が発生した原因は主として次の通り...
続きを読む


2016年2月16日 10:49

上級専門職等の給与制度

役割・成果責任に基づく処遇制度を導入し、役職者を「マネジメント職群」と「上級専門職・上級技能職群」に区分して制度設計を行なう場合で、後者の「上級専門職・技能職群」の給与制度について、設計のあり方を述べ...
続きを読む


2016年2月15日 14:48

借地権の簿価劣化

同じ更新料でも 賃借建物の更新の場合の支払更新料は、税法上の繰延資産として、5年もしくは賃借期間で償却するものとされています。20万円未満であれば少額繰延資産として一時の費用とすることも出来ます。 同...
続きを読む


役割・成果責任に基づく処遇制度を導入した企業では、次のような給与制度とすることが必要です。 マネジメント職群・給与制度構築法 マネジメント職群の役割は、組織のマネジメントであり、組織目標の達成責任を負...
続きを読む


従業員が就業に関して、始業直前に遅刻、欠勤の通知を一方的に所属長の電子メールや携帯電話のLINE等のSNSに「遅れます」「休みます」と送ってくる事もあるでしょう。このような取り扱いを認めている会社では...
続きを読む


2016年1月28日 15:22

役割・成果責任の明確化

 職務内容にかかわらず役職者を一括して「管理職」として処遇している企業では、組織のマネジメントを職責とする者・専門技術などを駆使して組織業績に貢献すべき者が同一の管理職として混在し、役職者個々の役割・...
続きを読む


2016年1月21日 17:29

人事賃金制度の高度化

 バブル期には職能資格制度が全盛で、年齢・勤続に応じて昇級しやすい実態があり、社員のモラールを維持・向上する効果を果たしていましたが、反面大いに業績を上げた者にとっては、業績を上げられなかった者も平等...
続きを読む


2016年1月19日 10:01

目標達成のリーダーシップ

 目標管理制度では、設定した目標を達成するためのリーダーシップのとり方が重視されますが、ここでは、どのような目標であっても普遍的に適用できるリーダーシップのあり方について述べます。   目標達成へのベ...
続きを読む


2016年1月14日 16:10

ファシリテーターの育成

 ファシリテーションは、目標管理制度の運用において、部署の目標設定・目標達成の中核的機能を持ち、その巧拙は、チャレンジングな目標設定や、効率的目標達成プロセスの推進に直結する重要性があります。 ファシ...
続きを読む


 2015年12月からストレスチェックの実施が企業に義務づけられる事になりましたが何をする事になるのでしょうか。 ストレスチェックは労働者50人以上の事業場において1年に1度以上、実施をしなければなり...
続きを読む


2016年1月 7日 10:00

理解度向上法

 目標管理制度でチーム目標、部署目標などを達成する基礎的作業として、メンバーに、その目標の背景となっている問題点や課題をよく理解させることが重要です。 ファシリテーションで理解度向上 そこで、ファシリ...
続きを読む


近年は、中小企業でも海外に子会社や合弁会社(子会社等)を設立したり、その進出の勢いは止まる気配がありません。 海外子会社等の事業が立ち上がるまでは、国内の親会社からの資金供給は欠かせません。子会社等へ...
続きを読む


2015年12月17日 10:11

主体性重視で発揮能力開発

企業における能力開発では、技術や知識を保有するだけでなく、実践的に実務で活用できる発揮能力の開発が必要であり、社内資格の要件でも、発揮能力のレベル定義を用い、達成目標を与えることが重要です。 発揮能力...
続きを読む


2015年12月10日 18:22

人材育成の考え方

"企業は人なり"と言うように、企業活動は、人材の確保と、その活躍によって決定付けられることは自明であり、長寿企業は、豊富な人材を得ることに成功していると言えましょう。ここでは、人材育成で欠かせない基本...
続きを読む


2015年12月 1日 14:50

全体最適アプローチ

 目標管理制度の目標達成プロセスで、確実に目標達成に向かっているのか、と確信が持てない状況になったり、混乱状態に陥ったりした場合に、全体最適アプローチによるプロセスの見直しが役立ちます。 全体最適アプ...
続きを読む


棚卸資産の取得価額 棚卸資産といっても製品・仕掛品のように「自社で製造されたもの」と、商品・材料のように「購入したもの」とがあります。 「自社で製造されたもの」は、製造にかかる人件費や機械等の減価償却...
続きを読む


派遣受け入れ期間を事実上撤廃  労働者派遣法は企業の派遣受け入れ期間の制限がありましたが、この度の改正で人を入れ替えれば同じ仕事はずっと派遣労働者に任せる事ができるようになりました。 9月30日より施...
続きを読む


育休取得・職場復帰を支援する助成金  2015年2月より中小企業両立支援助成金の1つに「育休復帰支援プランコース」が新しくできました。育児休業を取得し、職場復帰する人と職場環境の業務見直し等を支援しま...
続きを読む


2015年11月20日 11:33

評価制度の設計

「評価制度」は、「目標管理制度」などの業績管理制度と「人事賃金制度」を結び付ける重要な機能を担う仕組みで、その全体像(例)は図示した通りです。 評価制度設計のポイント 日本の企業においては、社員の意欲...
続きを読む


会社法における「役員の賠償責任」  会社法では「役員の賠償責任」として、①役員の会社に対する賠償責任、②役員等の第三者に対する賠償責任の規定を置くとともに、③株主が会社を代表して役員等の法的責任を追及...
続きを読む


2015年11月12日 15:56

"成果主義"の問題解決

日本の産業社会が労働集約型から知識集約型へ移行するに伴って"成果主義"の評価が日本企業に導入されましたが、目標管理制度などで実際に適用して見ると、多くの問題が発生し、一時は混乱状態に陥ったものの、今日...
続きを読む


2015年11月11日 13:34

組織開発と目標管理

"組織開発"とは、組織の経営革新能力を高め、継続的に維持する組織をつくることを言い、経営戦略目標の達成力を高める価値があります。目標管理制度など全社的な戦略目標達成施策が限界にぶつかったと感じられる時...
続きを読む


「取引先持株会」株式とは 毎月数万円ずつ積み立てて取引先の会社の株式を取得する仕組みです。取引先から安定株主として協力してほしいとの依頼で、それほどの負担になりませんのでお付き合いで行っている企業も多...
続きを読む


繰延資産とは 中小企業会計指針によると、「既に代価の支払が完了し又は支払義務が確定し、これに対応する役務の提供を受けたにもかかわらず、その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用を資産として繰...
続きを読む


2015年11月 7日 16:40

高齢化と人件費

 従業員の高齢化に伴って人件費が増加し、赤字体質に陥ってしまう企業があります。  その原因は賃金制度が従業員の加齢とともに毎年昇給する年功賃金型となっているか、能力に応じて賃金を決定する職能資格制度を...
続きを読む


2015年11月 6日 13:59

役職定年制

従業員規模1000名以上の企業の約半数が導入している「役職定年制」とは、管理職の役職を一定年齢で外す制度ですが、中堅・中小企業で導入する場合はいくつかの注意点があります。   「役職定年制」の目的、形...
続きを読む


2015年11月 5日 15:56

65歳定年制

厚生労働省の調査によれば、現状の定年制を60歳とし、61歳~65歳の労働者を定年後に嘱託として再雇用する企業が多くを占めております。 65歳以上の定年制を定めている企業は14%と少数にとどまっています...
続きを読む


社会保険料の控除は課税時点の繰り延べ  社会保険料控除が、課税時点の繰り延べの趣旨であるならば、収入控除が趣旨に適っているように思われます。 その場合は、給与所得控除額は支払社会保険料を除いた給与収入...
続きを読む


高年齢継続被保険者  雇用保険の加入者(被保険者)の種類には一般、短期特例、日雇労働被保険者の他に65歳以上を対象とする高年齢被保険者があります。被保険者で65歳以上に達する日の前から同一の事業主に雇...
続きを読む


中小企業白書から見える人材不足の広がり  政府は2015年版「中小企業白書」を閣議決定しました。それによると必要な人材を確保できていない企業が4割近くにのぼる一方で「人材の応募があっても、良い人材がい...
続きを読む


2015年10月20日 17:22

技術経営と留意点

「技術経営」とは、「主に製造業がものづくりの過程で培ったノウハウや概念を経営学の立場から体系化したもので、技術を使って何かを生み出す組織のための経営学である」とされており、日本では一般にMOT(Man...
続きを読む


V字回復の秘密 一昔前、日産のV字回復が話題となり、社長となったゴーン氏は一躍話題の人となりました。 確かにV字回復はリストラや構造改革等様々な難問を解決して成し遂げられたことでしょうが、製造業のV字...
続きを読む


2015年10月 7日 17:55

日本企業の開発力

平成26年度、一橋大学経済研究所・都留教授等の研究発表で、「世界の開発拠点としての機能を高めつつある東アジア」で日本・中国・韓国の企業の「製品開発プロセスにおける問題発生と開発担当者個人の解決行動」の...
続きを読む


水道関係の支出金は会計処理や償却に注意  建物を建築し、給水設備工事や排水設備工事を行う場合には、「建物附属設備(給排水設備)」として資産計上し、15年で償却することになります。 これらの工事の際には...
続きを読む


平成27年改正・受取配当等の益金不算入  平成27年税制改正では、法人税率が引き下げられる一方で、課税ベースを拡大する改正項目が盛り込まれています。その中の一つが「受取配当等の益金不算入」制度の見直し...
続きを読む


2015年10月 1日 11:34

資本金も利益の一種です

複式簿記とは 複式簿記は、現金で車を買った場合に、増えた財産(車)と減った財産(現金)を左右に併記することにより、平衡を保ち財産を管理しようと言うものです。 しかし安く買った商品が高く売れたような場合...
続きを読む


2015年9月29日 18:02

3C分析と注意点

「3C分析」は、外部環境(市場と競合)の分析からKFS(Key Factor for Success:成功の鍵となる要因)を見つけだし、自社の戦略に生かすフレームワークです。 この分析は、マーケティン...
続きを読む


2015年9月17日 13:37

幹部の仲

「部長や課長の仲が悪い」と言う困った現象は、よく起こりがちな現実の経営問題のひとつです。  そのような状況の下では、部署間の業務の進め方について部下同士も、どうやって上司の了解を取り付けたら良いか、と...
続きを読む


キャリアアップ助成金の人材育成コースは有期契約労働者等に以下の訓練を行った場合に支給されるものです。   人材育成コース ①一般職業訓練 Off-JT ②有期実習型訓練 「ジョブ・カード」を活用しOf...
続きを読む


2015年9月14日 13:24

ワークスタイルの変革

ICTの普及によって、"ワークスタイルの変革"が進むと言われています。  たしかにICTを活用することで、 ・仕事の処理スピードが向上する。 ・組織のフラット化が可能となり、上下のコミュニケーションが...
続きを読む


2015年9月 3日 13:39

成り行き管理

"成り行き管理"とは、管理者が業務推進の場面に応じた有効な管理の視点や方法を持っていないか、目標管理制度のような管理手段を持っていても、有効に機能していないために生じる現象で、業務の推進を担当者任せに...
続きを読む


高年齢者雇用開発特別奨励金  新たに人を雇用する場合、年齢にこだわらず経験豊かな人や、高年齢者でもできる仕事の求人に使える助成金を紹介します。  この助成金は雇用した日の満年齢が65歳以上の離職者をハ...
続きを読む


2015年9月 3日 11:21

課題形成の方法

目標管理制度で"課題形成"の位置付けを見ますと、「業務変革の目的認識―目的を追求する上での問題点把握―問題解決の方向性検討―"課題形成"―目標設定―以下略」と言う思考の流れの中で、問題点把握、問題解決...
続きを読む


平成27年度新設助成金は職場労働環境等を改善した場合にも適用されるものがあります。それを紹介します。   職場定着支援助成金(中小企業労働環境向上助成金が名称変更)  健康・環境・農林漁業の事業を営む...
続きを読む


2015年9月 3日 09:50

チームの時間効率向上

 会社全体の時間効率を高めるには、社員一人ひとりの仕事に取り組む時間効率を高め、そのやり方を社員全員に浸透させることが有効ですが、それとは別に、目標管理の共同目標のように、部署内で複数の社員がチームを...
続きを読む


 平成27年度で新設された助成金があります。人材育成関連のものを紹介します。 金額は中小企業の場合の支給額です。   キャリア形成助成金 ものづくり人材育成訓練  15歳以上45歳未満の者(短時間労働...
続きを読む


2015年8月26日 17:08

管理能力の開発法

管理者の管理能力開発に成功することは、言いかえれば社長の右腕となって活躍する人材を開発することで、戦略目標の達成のキーファクターです。 管理能力とは 管理能力とは次のような能力を言います。 1.概念的...
続きを読む


2015年8月18日 17:49

時間効率を上げよう

知識集約型産業社会となった日本の現状では、専門人材の知的生産性の差は3倍に及ぶと言われています。  知的生産性の違いは、業務処理の時間効率の問題とも言えますから、この問題について考えて見ましょう。  ...
続きを読む


手続遅れで受給しそこなった場合の給付金  失業して収入が無くなった場合、働く事が困難となった場合、自ら教育訓練を受けた場合等に、生活や雇用の安定と就職促進のため、雇用保険から失業給付等の給付金が支給さ...
続きを読む


2015年8月 6日 16:38

複雑な問題の対処法

どのように問題解決に取り組んだらよいか悩んでしまう複雑な問題は、しばしば戦略策定、重要な目標設定などの場合に現われます。その際の経営者・管理者の問題解決アプローチ法を紹介します。   複雑な問題対処の...
続きを読む


「雪国まいたけ」TOBにより買収される  平成27年4月、米ファンドによる雪国まいたけのTOB(株式公開買付)が成立しました。このTOBにより米ファンドは78%の議決権を単独で獲得することとなりました...
続きを読む


他人ごとではない?大塚家具の事案  IDC大塚家具の経営者の対立が株主総会の「プロキシ・ファイト」まで進展した事案が大きく報道されました。 経営者の対立構造が「父親と娘」という構図であったため、面白お...
続きを読む


社員が新たに健保に加入する際の手続き 新入社員には早く健康保険証が本人の手元に届くように手続きしたいところですが、全国健康保険協会(協会けんぽ)では、被保険者の資格取得手続、並びに被保険者の加入手続き...
続きを読む


企業が創造的な開発業務を行なう場合、自社が保有する技術を補完するため、外部の企業、専門人材を集めてプロジェクトチームを編成する必要が生じます。 このようなプロジェクトチームでは、専門人材が自由にコミュ...
続きを読む


2015年7月16日 16:46

目標達成プロセスの設計

目標管理シートは、主に目標と達成基準 を設定、記述するために使われ、多くの場合、目標達成プロセスは記述されません。  しかし、目標設定に当って達成プロセスが設計されていないと、達成阻害要因が生じたとき...
続きを読む


「技術・人文知識・国際業務」の登場 平成26年6月に、外国人の方の滞在を管理する法律、「出入国管理及び難民認定法(以下、入管法)」が改正され、今年から少しずつ新たな制度が施行されています。 中でも、外...
続きを読む


2015年7月10日 10:38

目標管理とシステム思考

 目標管理で知的業務の目標達成を図るケースでは異なる分野の担当者によるプロジェクトチームを編成して製品開発・システム開発などに取り組むケースがよく起こりますが、ともするとその思考プロセスで迷い・停滞・...
続きを読む


2015年7月 9日 13:56

ファシリテーション技術

"ファシリテーション"とは会議やミーティングの場で、参加者に発言を促したり、話し合いの流れを整理することによって合意形成や相互理解をサポートする手法・技術のことを言い、経営者の立場で、幹部社員とともに...
続きを読む


2015年7月 8日 15:58

効果的なフィードバック

目標管理制度の評価実施後に行なう「フィードバック面接」は、その目的を誤らず、効果的に実施する必要があります。   フィードバック面接の目的  フィードバック面接の目的は「目標達成度とプロセスで見られた...
続きを読む


2015年7月 7日 14:06

簿価修正の隠れ規定

損金不算入寄附金は株式簿価修正 設立されたばかりの子会社の場合、利益剰余金はありませんから、利益の配当はできません。しかし設立により会社に出資された現預金があります。その現預金を寄附金として親会社に引...
続きを読む


2015年7月 2日 13:54

プロセス評価の方法

目標管理のプロセス評価は、第一義的には担当者本人と管理者によって目標達成プロセスが達成への軌道に乗っているかどうかチェックし、軌道を外れていればその原因を突き止めて修正処置をとるために行ないます。  ...
続きを読む


2015年6月25日 17:17

評価一元化のメリット

労務管理研究所の調査によれば、目標管理制度の導入企業は8割に上りますが、その殆どは、業績評価に活用していると見られます。目標管理制度が全職務に適用されている場合、これをさらに一歩進めて、目標管理制度上...
続きを読む


平成27年度 法人住民税・均等割の改正  平成27年4月1日以後に開始する事業年度に適用される法人住民税(道府県民税・市町村民税)の均等割が改正されました。  改正前の法人住民税の均等割の税率区分は、...
続きを読む


2015年6月18日 15:34

オリエンテーション

"オリエンテーション"とは、「方向付け」のことを言い、企業経営では、戦略の展開、重要な目標設定と達成などに先立って、関係者の意思統一、動機付けのために行ないます。うまくやると課題達成、目標達成の成功確...
続きを読む


2015年6月11日 12:07

"見える化仕事術"の活用

"見える化仕事術"とは、物事を説明するとき、受け手がパッと見て理解できるように、図やグラフなどで表示することを言い、コミュニケーションのスピード向上に役立ちますので、目標管理でもうまく応用すると大きな...
続きを読む


2015年6月 9日 17:26

在宅勤務を導入するには

時間や場所を限定しない働き方 パソコン等ITを活用し、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を「テレワーク」と言います。多くは自宅で仕事をするので在宅勤務と言っていますが在宅勤務以外ではモバイル機器を使...
続きを読む


若者が働き易い労働環境の整備を目指して 先頃、政府が進めている「若者雇用対策法案」の要旨が発表され通常国会に法案が提出されました。 同法案は、一定の労働環境基準を満たす企業の認定制度を創設する事や労働...
続きを読む


2015年5月19日 18:24

相対評価基準の統一

「相対評価基準」とは目標管理における業績評価の場合を例にとると、1次評価が、通常「上司と担当者が、目標設定の際に合意して決めた具体的な目標達成基準」に基づいて評価するのに対して、2次評価~最終評価まで...
続きを読む


2015年5月18日 10:14

新入社員研修の進め方

新入社員教育は何を行うか 平成27年度入社の新規学卒採用数はかなり伸びており、中小企業でも4月に学卒者を採るところも増えています。  新入社員教育は学生気分を払拭させ、社会人としての自覚を芽生えさせま...
続きを読む


傷病が再発した時、傷病手当金は?  傷病で休職していた人が職場復帰した後に再発し、その後退職する事となった場合、休業中に傷病手当金を受給していた時は再発したのが支給期間内であれば手当金を受給出来ます。...
続きを読む


2015年4月16日 14:21

評価の公正性・納得性

 人事評価は、目標管理の導入、普及前から、業績・能力・意慾(または情意)の三つの評価項目について行なわれてきました。  業績評価の手法として目標管理制度が活用されるようになり、能力・意慾の評価もこれと...
続きを読む


2015年4月14日 14:49

チームの結束力向上

複雑、困難な経営課題を解決するには目標管理において所属する社員が協力してシナジー(異質な能力の協働効果)を発揮し、最も効率的に達成できるよう「チーム目標」を設定することが適切なケースが多く、次の課題を...
続きを読む


2015年4月 9日 17:17

目標管理の振返り

目標管理における"振返り"は、「管理のサイクル:P-D-C-A(プラン・ドゥ・チェック・アクション)」のC-Aに位置付けられ、次年度の目標設定にプラスの影響を与える重要なプロセスです。 "振返り"を反...
続きを読む


宅建業者が作成する不動産の契約書  不動産取引のプロである宅地建物取引業の方が関わる不動産取引では、契約締結前に『重要事項の説明』と契約締結後に『契約内容記載書面の交付』が行われます。 前者の説明の場...
続きを読む


2015年3月31日 15:40

人事関連の事務

人事とは雇用される人に関する仕事 人事とは「人に関する事」を行う仕事ですが、仕事の大きな流れとしては人材の採用から始まり、社員を有効に活用、育成してレベルアップしてゆく事で会社の経営目標を達成させる仕...
続きを読む


心の病の増減傾向 2014年の6月から8月に実施された上場企業約2500社に対しての「メンタルヘルスへの取り組み」に関するアンケート結果が日本生産性本部のメンタルヘルス研究所より発表されました。この調...
続きを読む


2015年3月24日 17:12

目標達成度評価の留意点

目標管理制度における目標達成度評価の公正性・納得性を確保するために、多くの企業で「評価のしくみ」が考えられていますが、ここでは、その評価に用いられるロジックと留意点を述べます。   目標別達成度評価の...
続きを読む


2015年3月 4日 16:00

面接効率の向上

管理者にとって、目標管理制度で義務づけられた面接は、「忙しいのに面倒だ。」と思われており、実際にも多くの時間を要しているケースが多いようです。通常、面接時間の標準は60分と言われていますが、これを30...
続きを読む


外国人従業員の届出義務 外国籍従業員を雇用されている企業の皆様、「所属機関等に関する届出」という手続きをご存知でしょうか?これは、平成24年7月から始まった新しい在留制度により新設された制度で、雇用関...
続きを読む


2015年2月24日 18:38

高年齢者雇用の実態

9割以上が高年齢者雇用を実施  高年齢者雇用について厚労省より平成26年6月時点の実施状況等をまとめた集計結果が発表されました。  高年齢者雇用安定法では60歳以降の継続雇用についていずれかの雇用確保...
続きを読む


2015年2月18日 17:43

営業部署の目標設定

営業目標のレベルが高過ぎると逆効果になると言う(社)中小企業研究所の調査結果が発表されていますが、個別企業で営業部署の目標レベル設定や成果のカギを握るのは、統計数値には現われにくい「社員の意欲を引き出...
続きを読む


有期雇用特例措置法案可決  平成25年4月に施行された労働契約法では有期雇用契約の更新を繰り返し、継続5年を超えた時点で雇用を続ける者は、企業に対し「無期転換申込権」が発生、申し込みをすると有期雇用者...
続きを読む


2015年1月22日 17:10

達成度評価の不整合対策

 目標達成度評価の不整合とは、例えば「営業部門の営業利益目標達成度が60%であるのに対して、営業担当者個々の目標達成度評価の平均が75%と高く評価され、矛盾している場合」を指します。   評価不整合を...
続きを読む


2015年1月19日 10:48

チーム目標と個人目標

目標管理制度で、チーム目標と個人目標を関連付けて設定し、協働意識と同時に個人の努力を喚起する目標達成基準の設定が適切な職種があります。   チーム・個人目標達成基準の関連 そのような業務特性を持つ職種...
続きを読む


2015年1月13日 10:56

目標管理とSWOT分析

SWOT分析は経営戦略の策定に活用されますが、目標管理においても目標達成可能性判断、達成方法検討に活用出来る適切な方法です。   目標管理におけるSWOT分析活用  経営計画からブレークダウンして自部...
続きを読む


仕入税額控除の原則 消費税の仕入税額控除には、個別対応方式と一括比例配分方式の2つの方法が認められています。 なお、一括比例配分方式を採用した場合は、2年間その適用を継続しなればなりません。   課税...
続きを読む


2014年12月26日 10:44

目標達成基準の曖昧性排除

目標管理制度で、次のような業績区分・指標の性質区分に応じたⅠ~Ⅳの区分別に目標達成基準を検討すると、多くの場合的確な設定に役立ちます。 【目標達成基準設定のヒント】 業績区分 指標の性質区分 目標達成...
続きを読む


2014年12月26日 10:37

役職名称廃止の効果

まだ一般的になっているとまでは言えませんが、社内で地位の上下関係にとらわれず、率直自由なコミュニケーションを促進し、フランクな組織風土をつくりたいと、社内役職名称を廃止し、トップから一般社員まで、お互...
続きを読む


2014年12月19日 14:33

職務発明の対価

改めて職務発明の対価が話題に ノーベル物理学賞で関心を集めた職務発明ですが、現在の日本の特許法では社員が仕事で生み出した発明を特許にする権利は発明者に帰属する事となっています。但し社内規定があれば企業...
続きを読む


2014年12月16日 15:46

役割貢献主義処遇制度

日本の処遇制度は1980年代後半頃、職能資格制度が全盛でしたが、今日でも、役割貢献主義の制度に変化してきたとは言え、中小企業では未だに多くの企業が職能資格制度を使っています。   職能資格制度の問題点...
続きを読む


2014年12月 9日 11:41

目標管理に改善提案を統合

企業で一般に活用されている目標管理で次のような問題が生じています。 ①目標設定対象外業務が社員に軽視される。 ②一定等級以下の社員を対象外とする場合、全員参加の経営にならない。 ③全社員を適用対象とす...
続きを読む


育休中就業日数の支給制限が緩和 平成26年10月から育児休業中に就業した場合の育児休業給付金(以下、給付金)の取り扱いが変わりました。これまでの給付金は育児休業を開始した日から起算した1ヶ月ごとの期間...
続きを読む


2014年12月 1日 13:37

高齢化する経営者

平均年齢は60歳超え  中小零細企業において、経営者の高齢化や事業承継問題は今日的課題です。東京商工リサーチが実施した「2014年全国社長の年齢調査」によると全国社長の平均年齢は60.6歳と高齢化が進...
続きを読む


2014年11月14日 16:54

受動喫煙防止対策と助成金

受動喫煙防止の為の努力義務公布 先般公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」において「事業者は労働者の受動喫煙を防止する為、適切な措置を講ずるよう努めるものとする」と定められました。職場の受動...
続きを読む


微妙に異なる会計と税務の「開業費」  個人でも会社でも開業に際しては少なからず準備費用がかかります。このような費用を「開業費」といいます。  「開業費」は、会計でも、税務でも、開業年度において一時の費...
続きを読む


2014年11月 9日 15:02

コミュニケーション

目標管理制度の運用など、日常の業務遂行ではコミュニケーションが重要であることは言うまでもありませんが、ここでは改めて、その機能と留意点について述べます。 目標管理のコミュニケーション  目標管理の運用...
続きを読む


移転価格税制とは  移転価格税制とは、国外関連者との取引価格を操作することにより、国内の所得を海外へ移転することを防止する税制です。 この税制は、昭和61年改正により制定され、その後の企業活動の国際化...
続きを読む


2014年10月30日 13:27

目標管理の適用範囲

目標管理制度の目的は経営目標を達成するための業績管理にありますから、各部署を所管する管理者と、部署の目標達成に直接的な貢献が期待されている中堅以上の一般社員が適用範囲に入るのは当然ですが、社内等級で初...
続きを読む


問題社員を減給したい 従業員が会社で不祥事を起こし、その人に減給の制裁を課す場合、どの程度の範囲で減給額を決めるのでしょうか。労働基準法第91条は「就業規則で、減給の制裁を定める場合においては、その減...
続きを読む


「仕訳」とはすべての取引の記録手続き 「仕訳」とは、会社(又は個人事業者)が行うすべての取引がどのように起こったのか記録する手続きです。また、取引が生じたときに最初に行う会計手続でもあります。  会計...
続きを読む


2014年10月25日 10:00

目標管理マニュアル

目標管理マニュアルには、管理者用と一般社員用とがありますが、ここでは管理者用に焦点を当てて、その構成、作成、活用上の留意点について述べます。 管理者用目標管理マニュアルの構成 マニュアルの一般的な構成...
続きを読む


2014年10月23日 10:01

月給制と日給月給制

金支払いの形態  賃金で良く聞く言葉に「月給制」と「日給月給制」があります。両者の違いは明確な定義がある訳ではありませんが、一般的には次のような違いがあるとされています。「完全月給制」は月額で決まって...
続きを読む


"ファシリテーション"とは会議やミーティングの場で、参加者に発言を促したり、話し合いの流れを整理することによって合意形成や相互理解をサポートする手法・技術のことを言います。   "ファシリテーション"...
続きを読む


2014年10月16日 17:14

創設時申告納税制度

申告納税制度の導入 申告納税制度は、個人財産10万円超に対して25%~90%の累進税を課した1回限りの財産税(昭和21年11月)においてまず採用され、昭和22年以降、所得税、法人税及び相続税などの直接...
続きを読む


2014年10月10日 10:08

定性目標の達成基準

定性的な目標を設定する際、達成基準が数量化しにくいため成果の評価が難しいという問題が生じます。 達成基準明確化の方法  数値化が難しい達成基準を明確化するには、「目標項目」(または課題)について、次の...
続きを読む


2014年10月 7日 18:00

管理者の使命

管理者の使命は「所管部署の業績向上・人材育成」の2点に尽きますが、その使命を果たすマネジメントの方法を目標管理制度運用上の役割として整理すると具体的になり、分かりやすくなります。 所管組織の業績向上に...
続きを読む


2014年10月 3日 11:17

ストレスチェック制度創設

 精神疾患による労災が増加している事を受けて、厚労省はストレスチェック制度の導入を義務づける法律を平成26年6月19日に成立させました。施行は27年12月を予定しています。  ストレスチェックとは労働...
続きを読む


租税公課のうち損金の額に算入される租税について、いつの時点で損金となるのか、法律上、具体的な定めはなく、単に、「債務の確定」が要件となっているにすぎません。 課税実務では、租税公課の債務確定時期ついて...
続きを読む


今では、中小法人でも自力で海外に全額出資の子会社を設立するケースが多く見受けられます。 ただ、現状において進出企業が順調に事業展開・発展しているとは言い難く、業績の進展が思わしくなく、中途で出資額を現...
続きを読む


2014年9月30日 16:29

職場改革ビジョン

管理者は所管する職場の個々の業務目標達成を図るとともに、業績向上のパワーとなる、より根源的な"職場改革"を実現しなければなりません。   "職場改革"とは何か "職場改革とはチームリーダーとしての管理...
続きを読む


2014年9月16日 15:01

「自己評価」の留意点

業績評価を行う場合、担当者の納得性を高めるため、期末の評価に「自己評価」を取り入れている企業は、労務行政研究所によれば、管理職で76.7%、一般社員で70.5%に及んでおり、一般化しているといえますが...
続きを読む


2014年9月11日 16:47

就業促進定着手当の創設

再就職先の給与が以前より低い時に支給  転職で再就職しても以前勤めていた会社より給与が低い場合もあります。就業促進定着手当は再就職先での賃金が離職する前の賃金より低い場合、再就職手当受給前の支給残日数...
続きを読む


社会保険診療報酬と消費税の転嫁の問題  平成24年11月、兵庫県の4つの医療法人が、現行消費税法の仕入税額控除制度は憲法違反であるとして、国家賠償を求めていた裁判の判決が神戸地裁で出ています。医療機関...
続きを読む


2014年9月 4日 17:58

保育料は必要経費

背広ワイシャツは必要経費  サラリーマン訴訟といわれる大島訴訟の第一審では、「背広等の被服費の支出も、勤務上必要とした部分を、他の部分と明りょうに区分することができるときは、必要経費」、「クリーニング...
続きを読む


2014年9月 2日 16:34

協会けんぽ届出様式の変更

OCR様式に変更される用紙  平成26年7月より協会けんぽの申請・届出様式が新しくなりました。OCR様式に刷新され、読みやすく、わかりやすく、記入しやすい工夫がされています。加入者が記入する欄、事業主...
続きを読む


2014年8月28日 14:04

マネジメントタイプ

管理者のマネジメントタイプによって、部下の設定した目標達成の可能性が変わります。 マネジメントの3つのタイプ 一般に管理者のマネジメントには次の3つのタイプがあります。 ①   放任型:目標達成プロセ...
続きを読む


制度維持のため、年金削減の方向性  厚労省は、公的年金の給付水準を物価動向にかかわらず毎年抑制する仕組みを来年度から導入する方針を発表しました。現行のルールではデフレ下では年金を削減できない仕組みにな...
続きを読む


保険料と代理店手数料 ライフネット生命が保険料と保険代理店の代理店手数料を公表し、保険業界に波紋が広がっております。従来、保険業界では保険料と代理店手数料を公表することはなく、全てを保険料としてきまし...
続きを読む


2014年8月19日 11:05

入管法の改正と外国人採用

入管法改正で外国人採用にも変化 外国人の方の在留や雇用に関する法律である「出入国管理及び難民認定法」、通称「入管法」について、一部を改正する法律が6月に成立しました。「日本経済の発展に資する外国人の受...
続きを読む


2014年7月31日 15:53

消費税の差額処理

税率変更には訂正がつきもの?  4月に消費税が5%から8%に増税されてしばらくたちますが、未だに時々消費税の訂正処理を見受けます。   原則的処理  経理処理の原則は、取引内容がわかるように処理します...
続きを読む


経産省「消費税の転嫁状況」の月次調査  消費税率の引上げに伴い、公正取引委員会や中小企業庁等では、様々な形で消費税の円滑な転嫁のための取り組みを行っています。その取り組みの一つとして、経済産業省では、...
続きを読む


技能実習制度は開発途上国等の人材を育成  開発途上国等の人材を日本に受け入れ、日本の技術、技能または知識の移転を通じ開発途上国等の経済発展を担う「人作り」を目的として平成5年に創設されました。  政府...
続きを読む


有償支給材の目的 有償支給材の目的は、外注先に材料を無償で支給すると、外注先の材料の管理も自社でおこなわないと、材料の管理が先方で杜撰になりやすく、材料の無駄や不良品が出やすくなるためです。   有償...
続きを読む


税抜処理と税込処理 税抜処理とは、「仮払消費税」と「仮受消費税」という科目を設定して、売上や費用項目等に消費税を影響させない処理です。  税込処理とは、消費税込みの金額で売上や費用項目等を処理する方法...
続きを読む


平成26年度4月より厚年基金見直し  厚生年金基金の行方を決める法律が施行され、今後10年かけて厚年基金制度を廃止する事とされました。それぞれの厚生年金基金は代行部分の純資産額の積み立て状況に応じて3...
続きを読む


 平成22年から商品券やプリペイドカードの発行は「資金決済法」により規制され、発行業者は、登録(第三者利用のもの)や供託(未使用残高が一定額を超えるもの)が必要となりました。この法律で規制対象となる「...
続きを読む


2014年7月 8日 10:51

違法ではないが不当

違法性と不当性の有無  国税不服審判所の裁決判断で、「本件取消処分は違法とはいえない」としつつ、「本件取消処分は、不当な処分と評価せざるを得ず」として、更正処分の全部取消しをしたものがあります。 平2...
続きを読む


EPC契約・フルターンキー契約とは  最近、太陽光発電のビジネスが活発に動いています。その中でも巨大プロジェクトであるメガソーラー建設は、EPC契約で締結されることが多いそうです。EPCは各々Engi...
続きを読む


2014年6月25日 16:43

"AIDMA"の活用

販売・営業職種で"AIDMA"というキーワードがよく使われ、販売促進に役立っています。   "AIDMA"とは  "AIDMA"とは、次のように、「広告・宣伝に対する消費者心理のプロセスを示した略語」...
続きを読む


2014年6月24日 09:54

内部資料見られて重加算

外注傭船料を原価ベースで算出 税理士会のデータベースに開示請求により開示された国税不服審判所の非公開裁決事例があります。その一つに、内航海運業の建造引当権が法人税通達で営業権とされていた10年以上前の...
続きを読む


譲渡担保とは  民法では、動産を債権の担保とする場合には、不動産と異なり抵当権を設定できず、質権の設定に限れられていました。質権を設定する場合には、担保物の占有を質権者に移す必要があるため、占有を移さ...
続きを読む


2014年6月20日 16:45

長寿企業とはどんな会社か

永く続く企業とは 企業にとって大切な事とは何でしょうか? それは「継続する」という事ではないでしょうか? 顧客にサービスや商品を提供し喜んでいただく、社員を雇用し、その家族も幸せにする。納税や地域社会...
続きを読む


2014年6月20日 13:59

ブラック企業とその対策

ブラック企業とは何か  ここ数年新卒採用の時期になるとブラック企業に関する事が報道されます。ブラック企業とは明確な定義があるわけでなく、厚労省よると「若者の使い捨てが疑われる」「離職率が極端に高い」「...
続きを読む


有効求人倍率は昨秋から1倍超え 厚生労働省は「労働経済動向調査(平成26年2月)」の結果を発表しました。調査結果によると、労働力の過不足状況は正社員等労働者を「不足」とする事業所割合27%、正社員等労...
続きを読む


2013年10月時点の人口推計  総務省が発表した統計によると15歳から64歳の「生産年齢人口」が32年ぶりに8千万人を割り、65歳以上の高齢者の割合は数値を公表し始めた1950年以降で初めて25%超...
続きを読む


2014年6月18日 09:45

問題解決の方法

経営上の問題は、戦略の策定から目標管理のプロセス、日常業務に至るまで、あらゆる場面で遭遇し、問題解決の方法を知っていると迷わず対処しやすくなります。  一口に"問題"と言っても、問題の性質・大きさはさ...
続きを読む


個人株主が破産した場合の自己株式取得  平成26年3月14日付の東京国税局の文書回答事例に面白いものがありました。平たく言えば『個人株主が破産した場合に、会社がその自社株式を破産財団から買取った場合に...
続きを読む


2013年合併企業数は3,783件  2014年3月、帝国データバンク(TDB)が『合併企業の動向調査』を公表しました。これによれば2013年の合併企業数は3,783件(合併公告・商業登記を確認)で、...
続きを読む


2014年6月11日 18:06

業績連動型賞与制度

賞与制度は次の理由から、企業の規模を問わず活用されています。 月例給と比較して夏季・冬季に支給される賞与額が大きく、業績貢献度に応じた支給額決定を行なうことで、モチベーション効果を高めることができる。...
続きを読む


2014年6月10日 09:37

破産と法律上の貸倒れ

税務上の貸倒れ 税務上、貸倒れは、①債権の全部又は一部が法的手続により引き捨てられた場合の「法律上の貸倒れ」、②債務者の資力喪失により債権が回収不能となった場合の「事実上の貸倒れ」、③売掛金等に限り、...
続きを読む


耐用年数の算出の根拠は? 現在、税務上用いられる減価償却資産の耐用年数は『減価償却資産の耐用年数等に関する省令』(耐用年数省令)の別表に記載されているものが適用されます。『耐用年数省令』は昭和40年に...
続きを読む


2014年6月 5日 16:10

賞与制度の活用法

賞与制度は一般的には業績向上へ向けて社員の意欲を高めるインセンティブとして活用されています。  バブル経済崩壊後、2000年頃から業績連動型賞与制度が増加し始め、日本経団連の調査によると2011年には...
続きを読む


未成工事支出金の仕入税額控除の特例  いよいよ消費税の新税率の適用がスタートしました。これに伴う経理部門の事務負担が増えていますが、そのようなものの一つに、未成工事支出金について『目的物の引渡日』の属...
続きを読む


未成工事支出金の仕入税額控除の特例  いよいよ消費税の新税率の適用がスタートしました。これに伴う経理部門の事務負担が増えていますが、そのようなものの一つに、未成工事支出金について『目的物の引渡日』の属...
続きを読む


2014年5月22日 18:07

経営理念の浸透策

経営理念とは「組織の存在意義や使命を、普遍的な形で表した基本的価値観の表明」で、それが社員によく理解され、日常業務の遂行に生かされて、業績向上に貢献し、社内外の利害関係者の納得と支持が得られてこそ、経...
続きを読む


2014年5月20日 13:19

管理のサイクルと目標管理

どのような業種であっても、固有技術は、事業分野・職種によって多様ですが、管理技術は職種横断的に共通の考え方、方法があり、中でも経営管理に役立つ基本的な管理技術は「管理のサイクル(Plan―Do―See...
続きを読む


2014年5月19日 12:00

目標管理の誤解

労務行政研究所によれば、現在、日本における目標管理制度の普及率は約8割となっており、企業一般でおおいに活用されている制度ですが、制度がカバーする範囲が広く、かつ深いことから、企業別の活用目的、運用の方...
続きを読む


雇用保険の基本手当を受給するには 60歳定年を迎えて、退職する場合に雇用保険の基本手当(失業給付)を受けてから再就職し、その後、高年齢雇用継続給付を受給できるでしょうか? 残念ながら支給要件に「基本手...
続きを読む


所属機関等に関する届出」とは 外国籍スタッフを雇用されている事業主様、人事担当者様は、「所属機関に関する届出」という制度をご存知でしょうか。平成24年7月に「出入国管理及び難民認定法(通称「入管法」)...
続きを読む


2014年4月17日 15:08

リスクマネジメント

近年、顧客情報の漏洩や食品の偽装表示問題など、企業が社会的に糾弾されて信用が失墜、又は毀損する、被害に遭って損失を受ける事態になる、などのケースが頻発しています。また、ITの進展とともに情報通信上のリ...
続きを読む


2014年4月 8日 15:42

雇用継続給付の申請期限

高齢・育児・介護の雇用継続給付 雇用保険の雇用継続給付は企業の雇用継続を促進支援する目的の制度で次の3種類があります。 1、高年齢雇用継続給付・・・60歳以上65歳未満の雇用保険の被保険者が原則として...
続きを読む


(H26.4.1以降の新規設立法人に適用) 設立当初から売上高が上がる法人への課税  消費税の納税義務は原則として『基準期間における課税売上高』が1,000万円を超えるかにより判定することとされていま...
続きを読む


アルバイトから正社員採用はできる?  外国人留学生をアルバイト採用している企業様、店舗様も多いことと思います。留学生の中にはとても勤務態度が真面目で、「このまま正社員として働いてほしい」、あるいは留学...
続きを読む


2014年3月20日 15:40

成果主義と結果主義

目標管理制度などによる業績評価において、社員が納得していない、モラールダウンにつながっている等、問題が起きているケースが多いようです。その代表的な原因に"成果主義"の評価と"結果主義"の評価に関する問...
続きを読む


2014年3月 7日 11:24

衆目評価法

成果主義の評価を行なうために目標管理制度が活用されていますが、評価の最終調整などで、被評価者の納得を得る評価を行なうのはなかなか難しいことです。 衆目評価法の活用  我が国は、"衆目の一致(衆目の見る...
続きを読む


権利金を取らない会社対社長の借地契約  会社と社長個人の間で土地を賃貸する際、権利金をやり取りしない場合があります。『会社も個人も一緒』という感覚も分かりますが、会社と個人は別人格。借地を建物の敷地と...
続きを読む


外国人留学生と就職活動状況 3年連続で大卒就職率が改善され、新卒採用は緩やかな回復基調を見せていますが、学生たちにとっては依然として厳しい状況が続いています。特に外国人留学生の新卒採用は、ここ数年メデ...
続きを読む


入管法の改正で便利な制度も  平成24年7月に「出入国管理及び難民認定法(通称、入管法)」が改正され、外国人の方の在留に関する諸制度が大幅に改定されました。これにより、外国人の方の滞在に関して以前より...
続きを読む


経営理念は社員に伝わっているか  多くの経営者の方は常にお客様のこと、会社のこと、社員のこと等を考え、売り上げ拡大、資金繰り、社員のモチベーションアップ等に心をくだいていらっしゃることかと思います。 ...
続きを読む


外国で罰金・制裁金が課せられたら?  グローバル化の進展により、意外なところで『罰金』の税制の変遷を辿ると、あたり前のことですが、法律が現実の後追いにならざるを得ないという側面をはっきりと見て取ること...
続きを読む


2014年1月23日 10:53

定型業務の目標設定

生産業務や事務系の業務などで、「やるべき業務が決まっており、ミスなくスピーディーな業務遂行が求められている定型業務(ルーティン業務)の目標」はどのように設定したら良いか、といった問題がよく起こります。...
続きを読む


2014年1月17日 10:48

長期業務の目標設定

研究開発業務、システム開発業務などで、当初から2年以上の期間が必要とされている場合、通常1年以内の期間を区切りとして目標達成度を評価する目標管理制度の仕組みでは、目標の設定が困難です。  例えば新製品...
続きを読む


自署押印に係る罰則規定  法人税法には、納税申告書に代表者の自署押印を義務付けており、この規定に違反した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する、とされています。  納税申告が、納税者の財産...
続きを読む


2013年12月19日 15:19

課税→免税の移行期

課税→免税のときの棚卸資産 課税事業者が新たに免税事業者となる場合で、課税事業者期間の末日において所有する棚卸資産のうちに、課税事業者期間中に仕入れた棚卸資産がある場合には、その棚卸資産に係る消費税額...
続きを読む


2013年12月17日 15:10

資本金の額と法人税額

法人税では、資本金の額によって課税所得金額に適用される税率、また課税所得金額の算定の基礎なる各種特例の適用にも差異があります。  資本金の額1億円超の法人では、適用税率はもとより、概ね次のような課税の...
続きを読む


2013年12月16日 15:04

質的向上目標の設定

成果目標を設定する場合、数量で表現できない、または数量的に表すことがかえって目標の本質的な意味を見誤ったり、曖昧にしてしまう場合があります。   業務の質的向上目標が必要な場合 例えば、「営業遂行の仕...
続きを読む


2013年12月12日 16:52

完全支配関係と種類株式

成22年度の税制改正でグループ法人税制が創設され、結果、グループ間取引のみならず、当該税制が各種制度間とも有機的に関連していることから、常にその関連性に注意しなければならなくなりました。  この税制の...
続きを読む


『ナウシカ』は製作委員会方式の先駆?!  宮崎駿監督が長編映画作品の製作からの引退を表明しました。エコロジカルな視点や、『平和の大切さ』という重厚なテーマ、完全な悪役を作らずに『人間の矛盾』や『二面性...
続きを読む


法定外福利厚生制度の種類  企業の福利厚生制度には法定福利厚生制度と法定外福利厚生制度があります。法定福利厚生制度には労働保険と社会保険があり、それぞれの条件で加入義務があります。法定外福利制度には慶...
続きを読む


2013年11月27日 16:14

欠損金税制改正の狙い

欠損金控除制限の新たな動き  法人税率の引き下げが政府与党で検討されるにあたり、繰越欠損金についての控除制限がその財源として議論されているようです。10月7日の日経新聞でこの事が報じられましたが、表立...
続きを読む


2013年11月14日 13:54

業績管理制度

経営上は戦略を実現するために、人事制度上は従業員個々が役割を自覚し、期待貢献を追求して成果を出し、評価・処遇を行うために、「業績管理制度」は不可欠です。  その「業績管理制度」の具体的手段として一般に...
続きを読む


2013年11月12日 18:33

労災 療養給付の請求

療養(補償)給付とは  労働者の業務上又は通勤途上のけがや病気による災害が労災保険の対象となる場合に労災保険から保険給付が行われますが、そのうち労働者が病院等で受診した際の治療費に対して行われる保険給...
続きを読む


2013年11月 7日 10:29

オフィスの移転と許認可

オフィスを移転する企業が最も多いのは3月だそうで、年間の引越日の約3割がこの時期に集中すると言われています。そして、年明けの3月移転を目指している企業が動き始めるのが9月から10月頃。物件選びでは立地...
続きを読む


会社に対する無限責任  合名会社や合資会社が債務超過になっていて、会社の純財産を処分しても会社債務を完済できないとき、無限責任社員には会社債務を弁済する無限責任があり、また、その無限責任社員が死亡して...
続きを読む


海外の事業場で働く時に任意加入できる  労災保険は本来、国内にある事業所に適用され、そこに就労する労働者が給付の対象となります。ですから国内で就労していた方が出向、転勤や派遣で海外勤務する時は労災給付...
続きを読む


非上場株式等の事業承継税制については、アメリカにはありませんが、ドイツ、フランス、イギリスといった主要国において導入されていることから、我が国においても平成21年の税制改正で創設し現在に至っています。...
続きを読む


収用等により代替資産を取得して圧縮記帳の適用を受ける場合、差益割合の算出は不可欠です。差益割合は、[対価補償金-譲渡資産の譲渡直前の帳簿価額-譲渡費用/対価補償金-譲渡費用]で求められます。 差益割合...
続きを読む


請負契約で業務中に負傷をしたら  最近発表された健康保険法の一部改正によると今まで業務中の事故や怪我等は労災保険の給付を受ける事となっていました。    その為例えば請負契約の方が業務中に負傷した場合...
続きを読む


「中小会計要領」の認知度は31.2%  6月に中小企業庁から公表された「中小企業実態基本調査(平成24年確報)」では「中小企業の会計に関する基本要領(以下「中小会計要領」)の認知状況(法人企業)」とい...
続きを読む


 平成26年4月1日から消費税の税率8%アップが予定されています。消費税の税率改正時において、いつも問題となるのは施行日前後の税率の適用関係です。    例えば、施行日前に契約したものについて、資産の...
続きを読む


持分払戻し請求権とは  持分会社等(事業協同組合、持分の定めのある医療法人等を含む)の法令及び定款には、多くの場合、「社員(出資者)が死亡により退社又は脱退したときは、当該社員は出資持分の払戻しを請求...
続きを読む


話題に上るようになった「資本性借入金」  最近、「資本性借入金」に関する話題が増えてきました。この借入金は銀行が融資先の財務状況を判断する際に、負債ではなく、資本とみなすことができます。H16に金融庁...
続きを読む


債務免除にかかる原則規定  過去に発生した未払金について相手側から受領辞退等の債権放棄の申し出を受けた場合はその時にこちら側法人の処理としては債務免除益を計上することになります。 この債権放棄が、給与...
続きを読む


2013年9月12日 16:26

簿記で考えるアベノミクス

簿記で考える「(量的)金融緩和」  デフレ脱却を狙ったアベノミクスの「3本の矢」のうち「第1の矢」(大胆な金融緩和)が他の施策に先行して進められています。「中小企業には全く関係ないよ!」と言われるかも...
続きを読む


最近、政府が論議している限定正社員とはどのような制度でしょうか。政府の産業競争力会議や規制改革会議でルールの整備が提案されています。アベノミクスの経済政策の1つでもあります。   正社員との違い  普...
続きを読む


事前確定届出給与とは  法人税法では、利益調整を排除する観点から、役員給与の内、原則、定期同額の給与以外は損金算入が認められていません。   しかし、非上場会社等にあっては、臨時的な給与であっても、「...
続きを読む


事前確定届出給与とは  法人税法では、利益調整を排除する観点から、役員給与の内、原則、定期同額の給与以外は損金算入が認められていません。   しかし、非上場会社等にあっては、臨時的な給与であっても、「...
続きを読む


外国人従業員と在留期間の更新許可 日本に滞在する外国人の方は、永住の許可を取っていない限り、基本的に数か月~数年間の滞在期限が決められています。この日本で適法に滞在できる期間を「在留期間」と言い、許可...
続きを読む


2013年8月20日 17:27

精神疾患と上司の対応

2012年度労災の傾向  最近厚労省から発表された労災申請に関する調査結果によると2012年度に労災認定された人は前年度から150人増え、475人となり、3年連続過去最多を更新しました。原因は過労や職...
続きを読む


 先日、中小企業庁HPに公表された「中小企業実態基本調査(確報)」によれば、中小企業の貸借対照表の総資産に占める棚卸資産の構成比率は次の通りとなります。   この数値の水準は、ここ数年来変わっていませ...
続きを読む


2013年8月 6日 11:53

改正消費税法のある改正点

野田政権の置き土産、消費税増税法  平成24年8月10日の参議院本会議で消費税法改正法が可決成立し、消費税の税率は平成26年4月1日から8%,平成27年10月1日から10%へと段階的に引き上げられるこ...
続きを読む


2013年8月 1日 17:04

※印の「社外流出」

別表四の担う機能 法人税の申告書の代表頁は別表一ですが、最も中心となる頁は別表四です。会計上の利益から加算・減算という申告調整により税務上の利益(課税所得)を誘導計算する頁で、「税務の損益計算書」とし...
続きを読む


2013年7月30日 09:13

専門人材の育て方

専門人材とは、「一芸に秀でた人材」のことを言いますが、企業にとって、「自分が得意ことだけは高度にできるが、他のことには無関心な、いわゆる専門バカ」よりも、「様々な専門人材同士で、協力しながら自分の専門...
続きを読む


2013年7月23日 15:08

雇用管理改善の助成金

中小企業労働環境向上助成金  最近創設された助成金に労働環境向上のための措置を講じた中小企業事業主や事業協同組合に対して助成するものがあります。雇用管理の改善を推進し人材の定着・確保を計る事を目的とし...
続きを読む


2013年7月11日 18:14

社員の意識行動改革

社員の意識行動改革は、経営改革に欠くことができない基本的な改革要素です。社員の意識行動改革がなされていない状況下では、経営改革の様々な施策を実行しようとしても、現場の抵抗にあって一歩も前進しません。 ...
続きを読む


1. 営業権~「純資産価額」の悩みどころ  自社株(取引相場のない株式)は事業承継の主要なトピックの一つです。この自社株の評価方式の一つに「純資産価額方式」があります。相続・贈与の際に適用される財産評...
続きを読む


補助金公募が始まっている  新年度の予算が国会を通過して、補助金の公募が始まり、補正予算の補助金はすでに公募を締め切ったものがあります。 ものづくり関連の補助金、創業関連補助金や商店街活性化関連など...
続きを読む


 社員と言えば、一般的に社団法人等の構成員をさします。株式会社では社員=株主、持分会社でも社員=出資者、また、中小企業等協同組合であれば組合員=出資者です。                   しかし...
続きを読む


2013年6月27日 09:08

企業の健康診断の実施

生活習慣病予防検診  労働基準法にも定められている事項に年に1度の職場の健康診断があります。受診は加入している健康保険で費用補助を受けて行う事が多いと思いますが、ここでは協会けんぽの予防検診について実...
続きを読む


資本の払戻し 株式会社では、直接、資本金の額そのものを払い戻す(有償減資)ことはできません。一旦、資本金の額の減少手続きを実施して、減少した資本金を資本剰余金に振替えて払戻しの手続きを実施する以外にあ...
続きを読む


一口に医療法人と言っても医療法上いろいろとあり、また、国税庁長官が承認した医療法人もあります。これら医療法人は、その存立基盤が制度上異なることから、課税上も異なる取扱いがなされています。   持分の定...
続きを読む


ソリューション営業が要る背景  今までの営業スタイルでは、他社との技術競争により製品の機能が向上してくると、既存顧客に自社の旧製品を新製品にリプレースするよう提案を行っていました。競合相手も同じ売込み...
続きを読む


外国人従業員と人事異動  社内の活性化や人材育成など、人的資源の有効活用を目的とした人事異動は企業活動にとって欠かすことができません。試用期間中、採用当初予定していた職務の他に、社員の新たな適性を見出...
続きを読む


若者チャレンジ奨励金  平成25年度の厚労省の助成金の目玉と言われているのが若年者人材育成・定着支援奨励金(若者チャレンジ奨励金)です。正社員として雇用経験が少なく、職業能力形成の機会に恵まれない若者...
続きを読む


事前確定届出制度とは  平成18年の税制改正により設立された制度です。役員の報酬は定期同額を原則とするが、所定の手続きを踏んで、事前に届け出れば、臨時の役員報酬すなわち役員賞与も損金算入を認めると言う...
続きを読む


留学生や家族滞在者のアルバイト 外国人の方が持つ在留資格(≒ビザ)の中には、原則的に就労することができない(就労が本来の目的ではない)ものもあります。その代表的な例が「留学」や「家族滞在」の在留資格で...
続きを読む


来日までにどれくらいかかる? 平成25年の春採用から、就職活動の解禁時期が大学3回生の10月から12月に繰り下げられたことで、年明けから各企業の就職説明会が一気に本格化しています。その中で、外国籍留学...
続きを読む


一口に「就労ビザ」と言っても...  外国人の方が日本で滞在するには、全部で27種ある在留資格(≒ビザ)のうちどれかを取得している必要があり、これらは大きく分けて①就労が認められている資格②原則的に就...
続きを読む


使用人、番頭、手代が法律用語? 皆さんは、使用人、番頭、手代という言葉を現在の日常会話で使いますか。「あの人は番頭タイプだ」という機会がある位ではないでしょうか。しかし、これらは、実は商法上の概念であ...
続きを読む


希望者全員65歳雇用確保時代 高年齢者雇用安定法の改正で年金の支給開始の繰り下げに合わせて、段階的に60歳から65歳までの希望者全員の継続雇用の対象としなくてはならない事となりました。原則全員を継続雇...
続きを読む


2013年5月21日 14:56

実践的考課者訓練

人事考課制度の公正性、納得性が、制度の効果を左右する重大事であることは一般によく認識されています。そこで考課者訓練のやり方が、いろいろ工夫されており、一般に普及してきたのは、考課場面(職場・考課項目・...
続きを読む


女性の賃金は増えている  厚生労働省が発表した賃金構造基本統計調査によると2012年のフルタイムで働く女性の平均賃金は前年比0.5%増の月額23万3100円と2年連続で過去最高を更新しています。賃金の...
続きを読む


制度の目的 22技術分野(切削加工,鋳造、鍛造、めっき等)の向上につながる研究開発からその試作までの取組を支援し、特に複数の中小企業者、最終製品製造業者や大学、公設試験研究機関等が協力した研究開発であ...
続きを読む


修繕積立金とは読んで字の如く、将来の修繕の為に積み立てる金額です。自社所有ビルの将来の修繕積立金は、単なる資産の振り替えです。すなわち、以下の処理で終わりです。定期預金(修繕の為)/普通預金 同業者団...
続きを読む


2013年5月 9日 14:13

コンピテンシー評価

2000年頃から、日本企業で成果主義・能力主義の評価を重視する傾向が強まったのに伴い、"コンピテンシー評価"と言う評価手法が取り入れられるようになりました。その目的は、職種別に高い業績を上げている従業...
続きを読む


海外進出にあたり、自社の現状把握、進出目的の明確化が終わると、ある程度進出イメージが見えてきます。自社の現状把握に照らし合わせて進出可能性について、基本的な事項を検討して、進出計画をより具体的にしてい...
続きを読む


2013年5月 7日 14:10

古物営業法の注意点

単なる中古品の買い取りだけではない昨年9月、ソフトバンクが「iPhone(アイフォーン)5」の発売に伴い、旧型の下取りサービスを始めたことに対し、警視庁が古物営業法違反(無許可営業)に当たる恐れがある...
続きを読む


2013年5月 7日 13:57

"的確な状況判断"

経営課題を解決するには"的確な状況判断"が欠かせません。それは、経営課題解決プロセスにおいて、これを誤ると決定的なダメージを受けることになってしまうからです。つまり、 【経営課題解決プロセス】経営課題...
続きを読む


2013年5月 7日 11:00

チームの目標設定

チームは、経営の問題解決によく活用され、上は経営会議から、課間の問題解決チーム、下は現場の不良率低下など、チーム編成の目的は多様ですが、それらに共通する成功要因は、リーダーシップ・メンバーの技術的知識...
続きを読む


2013年5月 2日 15:43

外国人雇用と「理由書」

「理由書」とは? 留学生を採用する際、外国籍従業員を雇い入れた際など、外国人雇用に当たり「雇用理由書」の作成を求められたことはありませんか? 外国籍の方が日本で就労するためには、これから行う職務内容に...
続きを読む


海外進出は発展のチャンス 海外進出というのは、企業にとっても大きな発展のチャンスである一方、リスクはつきものです。粘り強く、詳細に準備を進めていくことが、成功確率を高めることとなります。 また、海外へ...
続きを読む


2013年4月26日 17:50

複線型人事制度の活用

複線型人事制度とは、一般社員から管理者へ昇進するのと並行して、専門職として昇進する処遇ルートを設ける人事制度で、製品・サービスの開発技術者など専門職の活躍が、企業の発展にとって重要な意味を持っている場...
続きを読む


個人事業者の場合  所得税においては、「事業を開始した日」はいつか、についての特段の定めはありません。現行の課税実務では、事業開始のための開業準備行為をした日が事業開始の日ではなく、原則、具体的に事業...
続きを読む


2013年4月15日 11:35

"現場力"を磨こう!

"現場力"とは「企業の現場における自律的問題解決能力」とされており、この能力が高い企業は、各部門・職種それぞれに高い自律的問題解決能力を持っていますから、企業全体として複数部門間で連携する問題解決能力...
続きを読む


2013年4月 9日 16:27

USPの活用

USP(Unique Selling Proposition) とは、文字通り、「独自の販売提案」、すなわち「自社の商品やサービスをお客様に喜んで買って頂ける独自の強み」のことを指しています。  アメ...
続きを読む


2013年3月27日 16:04

書面決議の留意点

取締役会と書面決議 旧商法では、取締役会は取締役相互が協議・意見交換を通じて意思決定を行う場という認識から、会議による決議を重視し、書面による決議、いわゆる「持ち回り決議」を認めていませんでした。しか...
続きを読む


2013年3月 1日 16:01

介護時代に備えた働き方

人口構成に見るこれからの介護の行方  日本の労働力人口を予測すると今後50年で3分の1が消失すると言われています。今後労働市場に元気な高齢者や長期に働く女性も増えてくる事でしょう。現役世代1人が支える...
続きを読む


2013年2月27日 15:37

5%か、推定時価か

5%の概算原価の射程範囲  昭和27年以前から所有している土地や建物や借地権などを売却した時の譲渡原価については、実際の過去の取引の事実がどうだったかよりも、売却収入金額の5%をもって、その譲渡原価と...
続きを読む


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る