遺産相続よくある質問

よくある質問

共同相続人の一人が相続税を納税しなかった場合はどうなるのでしょうか?

 相続、または遺贈により財産を取得した者は、当該相続又は遺贈により受けた利益の価額に相当する金額を限度として、互いに連帯納付の義務があります。
 つまり、自分自身が相続税を支払っていたとしても他の相続人が相続税を支払わなかった場合には、
未納分の相続税については相続人全員が連帯して納付しなければならないということです。
 遺産分割の際には相続税の納税資金も十分考慮して協議することが大切です。

| よくある質問のトップへ戻る |

よくある質問の新着記事

精算課税制度を利用して、父から長男にアパートを贈与しようと考えています。  親子間であればこの適用を受けることができますか?

 要件を満たさない場合、精算課税贈与の適用を受けることはできません。 贈与をした者(父・・・

共同相続人の一人が相続税を納税しなかった場合はどうなるのでしょうか?

 相続、または遺贈により財産を取得した者は、当該相続又は遺贈により受けた利益の価額に相・・・

死亡生命保険金には、一定額の非課税枠があると聞いた事がありますが、 具体的に非課税枠はいくらなのでしょうか。

被相続人(被保険者)の死亡を保険事故として取得する生命保険金(死亡保険金)で、 被相続・・・

相続人になる方を教えてください

配偶者相続人と血族相続人が相続人になります。(1)配偶者相続人・・・・なくなった方の正・・・

遺言と異なる分割をすることは可能でしょうか?

被相続人の意思である遺言は尊重されるべきです。しかし、相続人全員の合意があれば、遺言と・・・

遺言がなく、共同相続人間の分割協議により相続人の子(被相続人の孫)に 相続させたいと考えていますが可能でしょうか?

相続により財産を取得することができるのは、民法で定めた相続人のみに限定されております。・・・

父からの相続時精算課税贈与により取得した不動産(財産)を、父の相続において物納に充てようと思いますが大丈夫でしょうか?

物納に充てることはできません。  相続税額の計算上、被相続人の生前、相続時精算課税贈与・・・

すでに他の税理士の先生が提出した相続税申告書の見直しをお願いできますか?

相続税の申告期限から5年以内であれば、申告内容の見直しを行い、払い過ぎた相続税を還付で・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る