遺産相続よくある質問

よくある質問

遺言がなく、共同相続人間の分割協議により相続人の子(被相続人の孫)に 相続させたいと考えていますが可能でしょうか?

相続により財産を取得することができるのは、民法で定めた相続人のみに限定されております。
相続人以外の者が遺産を取得するためには、被相続人の遺言による遺贈(包括遺贈、特定遺贈)または、死因贈与でなければ、遺産を承継取得することができません。(被相続人の生前贈与契約あり)なお、遺贈は要式行為のため、遺言書が存在しないのに遺贈があったとすることはできません。
  したがって、被相続人から孫に対する遺贈及び死因贈与がない場合において、
共同相続人による遺産分割協議で「遺産の全部又は一部を相続人でない孫に取得させる」との合意ができたとしても、その孫は遺産分割協議の当事者(共同相続人の一人)でないことから、この合意が孫への相続・遺贈による遺産の取得を定めたことにはなりません。
  このような場合、原則、共同相続人が当該財産を相続により取得したものとして相続税が課税され、その上でそれを孫に贈与したとして、孫に贈与税が課税されことになりますのでご注意ください。

| よくある質問のトップへ戻る |

よくある質問の新着記事

遺言と異なる分割をすることは可能でしょうか?

被相続人の意思である遺言は尊重されるべきです。しかし、相続人全員の合意があれば、遺言と・・・

遺言がなく、共同相続人間の分割協議により相続人の子(被相続人の孫)に 相続させたいと考えていますが可能でしょうか?

相続により財産を取得することができるのは、民法で定めた相続人のみに限定されております。・・・

父からの相続時精算課税贈与により取得した不動産(財産)を、父の相続において物納に充てようと思いますが大丈夫でしょうか?

物納に充てることはできません。  相続税額の計算上、被相続人の生前、相続時精算課税贈与・・・

すでに他の税理士の先生が提出した相続税申告書の見直しをお願いできますか?

相続税の申告期限から5年以内であれば、申告内容の見直しを行い、払い過ぎた相続税を還付で・・・

相続税の申告期限まであと1ヶ月しかありませんが、今からお願いすることは可能ですか?

大丈夫です。お客様の方で、土地の登記簿謄本、住宅地図等、必要な書類をそろえていただけれ・・・

遺言の作成もお願い出来ますか?

もちろんです。どの相続人に何をお渡ししたいかというご意向をヒアリングさせていただいた・・・

顧問の税理士の先生に気が引けますが、問題ありませんか?

医者と同様税理士にも専門分野があります。多くの税理士の先生は年に数件しか相続を経験して・・・

初めてのことで全く何をしたらいいのか分からないのですが?

ご安心下さい。相続は多くの方にとって初めての経験です。弊事務所は基本的な流れや作業を懇・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る