遺産相続|よくある質問

遺産相続|よくある質問

相続財産には、どのようなものがあるのでしょうか。


 
相続税は、基本的にほとんどの資産に対して課されます。
まずは、被相続人にはどんな財産がどれほどあるのか、
資産の棚卸しをする必要があります。
相続財産の種類としては、現金や預金を筆頭に、
土地、建物、株式、自動車、宝石、家具、書画・骨董など
形があるものはもちろん、それ以外に電話加入権や特許権など
形のない無体財産権も含まれます。
また、被相続人が取得したもので、登記を済ませていない不動産や
名義の書き換えが終わっていない株式、無記名式の割引債なども
相続財産に入ります。
さらに、被相続人が事業をしていた場合は、売掛金や受取手形、
棚卸資産といった事業用の資産についても課税対象になります。


| よくある質問のトップへ戻る |


よくある質問の新着記事

初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る