遺産相続|よくある質問

遺産相続|よくある質問

遺留分とは何でしょうか?


遺留分とは、法定相続人の権利を保護するためにあるもので、
例えば被相続人が生前の遺言書等での意思表示により
遺産相続を決定していた場合でも、法定相続人が
最低限相続できる割合のことを指します。


遺留分が保証される法定相続人を、遺留分権利者といいます。


遺留分権利者は、


被相続人の配偶者

子や子孫などの直系卑属

父母・祖父母などの直系尊属


を指し、兄弟姉妹は除かれます。


遺留分権利者が遺留分を侵害された場合、

遺留分の範囲内で遺産を取り戻すことができます。

この権利を「遺留分減殺請求権」といいます。


遺留分減殺請求権は、侵害された人が権利を主張して

初めて効力が発生します。

もし、相続人が妻と3人の子供で、遺言に

「妻に全財産を相続させる」と書かれていたら、

3人の子供は遺留分を主張しない限り相続できません。


そして、遺留分減殺請求権は、相続の開始および

遺留分の侵害があったことを知った日から

1年間行使しないと時効になり、消滅してしまいます。



| よくある質問のトップへ戻る |


よくある質問の新着記事

初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る