遺産相続|よくある質問

遺産相続|よくある質問

遺留分を放棄することはできるのでしょうか。


遺留分は放棄することができます。
しかし、しかるべき手順が必要となります。
相続は人の死亡によって開始されます。
被相続人が生きているうちに、特定の相続人に対して
どんなに多額の贈与をしたり、借金を肩代わりしたからといって
生前に「相続を放棄する」旨の念書を相続人に書かせても
効力がありません。

しかし、被相続人が生きている間に、
相続人が家庭裁判所の許可を得て「遺留分の放棄」を
することは認められています。

特定の相続人が遺産を一切もらわずに放棄させることを
確実にするためには、遺言で「何も相続させない」と明記し
かつその相続人が遺留分の放棄を家庭裁判所に申し立てる
必要があるのです。

遺留分の放棄の申し立てがなされると、家庭裁判所で
審査が行われます。
「誰かに放棄を強制されていないか」
「なぜ放棄したいと考えたのか」等が審査され、
問題がないと判断されたときに、遺留分の放棄が許可されます。
許可がなされて初めて、遺留分の放棄が成立するのです。

許可の申し立てをする動機には、

主に次のようなケースがあります。

1. 生前に多額の贈与を受けている。
2. 非嫡出子の認知を受ける条件として。
3. 一次相続では遺産を取得するが、二次相続では放棄する。

以上のように、放棄を強要されることなく、
あくまでも本人の自由意思に基づき、相当な理由があることが
遺留分の放棄が許可される要件なのです。


| よくある質問のトップへ戻る |


よくある質問の新着記事

初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る