遺産相続ジャスティスCLUB

遺産相続ジャスティスCLUB

2009年10月16日

清涼飲料税

清涼飲料税が提案されるも見送られる
 アメリカの肥満税のことではなく、日本のはなしです。
 清涼飲料(炭酸飲料)の課税問題が議会で取り上げられたので、全国清涼飲料課税反対同盟会は当局に対し課税反対の運動を起し、その功が奏したのか、課税法案の上程は見送られ、全国各地の業者は団体の力が必要であることの認識を深め1918年(大正7年)11月に清涼飲料水の同業者団体を設立しました。


清涼飲料税の再提案

 その後戦費調達のため再び清涼飲料税の創設問題が起り、全国団体が中心となった課税反対運動にもかかわらず、1926年(大正15年)1月帝国議会を通過し同年4月1日より施行されました。
 酒税と同じ製造者課税で、出荷時課税です。対象品目は、瓶詰の玉ラムネ、サイダー、シトロン、タンサン水、ジンジャーエール等、タンク詰ソーダ水等です。業者は製造場1か所ごとに政府の免許を必要としました。

嗜好飲料への課税拡大
 1937年(昭和12年)日中戦争の勃発により国費が膨張したので炭酸飲料以外の嗜好飲料にも課税することになり、戦時立法として1939年に物品税法が施行されました。牛乳又は乳製品酸性飲料、果実汁、果実みつ、コーヒー、シロップ及びこれに類するものが課税対象とされました。

両税の統合と廃止
 1948年(昭和23年)製造者免許制度が廃止され、その翌年のシャウプ勧告による税制改革で清涼飲料税は物品税に統合されました。
 嗜好飲料品課税としての物品税は、その後対象品目の変更や税率軽減をしながらも、年中行事のように業界要望されていた廃税には至りませんでしたが、平成元年4月消費税の導入により物品税そのものが廃止となりました。

再課税されるとしたら
 最後の物品税の課税対象品は次のものでした。消費税複数税率や米国流肥満税が検討されるとしたら、これらがやり玉にあがるのかもしれません。
 (1)果実水及び果実みつ
 (2)コーヒーシロップ及び紅茶シロップ
 (3)炭酸飲料
 (4)コーヒー、ココア、ウ一口ン茶ほか

| 遺産相続ジャスティスClubのトップへ戻る |

遺産相続ジャスティスCLUBの新着記事

未成年者飲酒禁止法

昔からある法律を改造して  未成年者飲酒禁止法という法律があります・・・

清涼飲料税

清涼飲料税が提案されるも見送られる アメリカの肥満税のことではなく、日本のはなしです。・・・

アメリカ憲法と事後課税

AIG高額ボーナス AIGは1730億ドル(約17兆円)の公的資金を受け取り、政府管理・・・

生き残りをかけて

今年は正念場 昨年夏以降の急激な金融破綻と景気後退は、皆様におかれましても大変な年だっ・・・

たばこ税と禁酒法

たばこ税とは? 昨年、麻生内閣のもとでたばこ税の増税案が表明されましたが、結局、増税は・・・

通勤費の事業主負担

居住、移転の基本的人権国民の憲法上の権利の一つとして居住地選択の自由があります。そして・・・

内緒のアルバイト収入が、住民税の通知書から発覚することも?

勤務先に内緒でアルバイトをしていますが、気付かれないか心配です・・・。 ほとんど企業で・・・

あの企業の破たん確率は何%?「破たん予報「CDS参考値」

 リーマン・ブラザーズの破たんで注目を集めた「CDS」。 正式名称はCredit de・・・

廃業も事業の選択肢

ハッピーに思いを託す  "借金地獄に落ちたくない""事業で飯が食え・・・

インフルエンザと休業手当

 新型インフルエンザの本格的流行で、学校や職場等集団で行動する場での対応は重要な問題と・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る