遺産相続ジャスティスCLUB

遺産相続ジャスティスCLUB

2012年3月12日

厚生年金基金のAIJ事件

年金消失 預けた資金はどこへ?
 運用を委託した企業年金資産約2000億円の大半が消失していたAIJ投資顧問会社の問題が大きく報じられています。老後の支えとなる年金が目減りしてしまうかもしれないという事態に波紋が広がっています。
 厚生年金基金の年金資産は公的年金に上乗せする積立金です。厚生年金基金は中小企業の同業種の企業が集まって作っている「総合型」基金が全体の7割強を占めています。積立額の不足が発生すると母体企業は年金給付に必要な不足分を穴埋めしなければなりませんが総合型は経営体力が乏しい為問題解決が容易ではありません。将来給付の減額や保険料の値上げ等が起こるかもしれません。

高い保証利回りが重荷に
 AIJが高利回りをうたっていたのは基金から預かったお金を租税回避地(本国の監視の目が届かない為、税金が非常に安い地域、タックスヘイブン)のファンドに投資していたからだと言います。運用の失敗か流用か監視委も実態把握が難しいようです。
 そもそも厚生年金基金が高い収益のありそうなところに資金を預けたのは、基金の年利は5.5%で運用する事となっているからです。今の経済状況では5.5%で運用するところが無いのです。いまだに高度経済成長期の利率で給付すれば、高齢化が進む中、積み立て不足が増えるのは当然です。現在の利率は高い為、AIJに預けていた基金だけの問題ではないと言えるでしょう。

AIJの委託契約基金は中小企業が9割
 中小企業がコツコツと積み立てをしてきた年金資金が消失した事態はこれからの年金受給者の生活にも影響が及びそうです。AIJに委託していた基金は94基金で9割が中小企業の集まっている総合型基金です。
 資金力のある大企業等の単独型基金は厚生年金の代行返上で積立不足を補い、基金を解散して、利率を下げた上で確定給付企業年金や確定拠出年金に移行しています。以前は1900もあった厚生年金基金は現在595基金となっています。積立不足があると厚生年金資金を切り離す事もできず財政難の基金は高利回りの投資に走りやすくなってしまうという悪循環があります。
 自社が基金に加入している時は年1回以上、「企業年金便り」等で積立金の状況を開示していますので、確認してみるのが良いでしょう。

| 遺産相続ジャスティスClubのトップへ戻る |

遺産相続ジャスティスCLUBの新着記事

確認的規定としての改正税法

予測に反して確認規定になった その1 個人の受け取る保険金が、会社契約で、保険料の半分・・・

厚生年金基金のAIJ事件

年金消失 預けた資金はどこへ? 運用を委託した企業年金資産約2000億円の大半が消失し・・・

一般労働者派遣と特定労働者派遣

二つの派遣事業 労働者派遣事業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の二種類があり・・・

定型労働者の職務遂行能力

 定型労働者とは製造・オフィスの事務・保安及び警備・コンピュータ操作・店内販売などの定・・・

受動喫煙防止対策助成金の創設

受動喫煙防止の拡大をはかる 愛煙家にとって、最近は公共の場では喫煙の場所が狭まり、タバ・・・

雑損控除での人為災害

雑損控除の対象事由 雑損控除の損害の原因は、次のいずれかの場合に限られます。(1) 震・・・

修正申告しても争える

争えないという理由 「修正申告をすると争えない」と言われることが多いのですが、それは修・・・

諸手当の整理

 賃金項目の中に住宅手当・家族手当・安全手当など一般的な項目のほかに様々な手当があり、・・・

競業転職と退職金不支給

最近の判例から見た競業避止義務 労働者が退職する場合、営業上の企業機密や顧客の個人情報・・・

保険料支出と負担

負担していない保険料の控除可否 養老保険の満期がきたので、満期保険金を受け取り、確定申・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る