遺産相続ジャスティスCLUB

遺産相続ジャスティスCLUB

2012年3月19日

振込め詐欺にも税の配慮を

振り込め詐欺ではじめての税務係争
 平成20年中に、いわゆる振り込め詐欺の被害に遭い、だまし取られた金額分の損失が雑損控除の対象になるとして、税務署と国税不服審判所で争った人がいました。
長男と名乗る氏名不詳者から、電話で「勤務先の金を流用したので、穴埋めするための金が必要である」旨のウソを告げられ、電話の相手方が長男本人であり、金を必要としているものと誤信し、郵便局から、電話の相手方が指定した銀行口座に240万円を振込送金し、さらに、翌日と1週間後にも電話でのウソに乗じて260万円及び320万円、合計820万円を振込送金し、その後にだまし取られたことに気付き、警察署に被害届を提出した、と言う事例です。

税務署の主張と審判所の裁決
 「災害」による損失には、本人の意思に基づく行為に依るものは該当せず、「盗難」とは、占有者の意に反する第三者による財物の占有の移転をいうのであり、「横領」とは、財物の委託者と受託者との間に信任関係があることが前提で、振り込め詐欺犯との間にそれがないから、本件が雑損控除の対象となる災害・盗難・横領のどれにも当たらない、と税務署側が主張し、かつまた審判所も同じ判断をしました。

納税者はどう言っていたか
①    振り込め詐欺は、病んだ現代社会が生み出した「人為による異常な災害」であり、国税庁が雑損控除の対象であるとした耐震強度偽装事件が建物販売会社の詐欺行為(販売)に基因していることと共通面があり、これと同じく取り扱ってもおかしくはない。
②    長男に渡すつもりで振り込んだ金銭について、それだけで所有権の移転がないとすれば、たまたまそれを管理している者が横取りしたのであるから、「横領」に当たる。
③    振り込んだ金銭について、本人の意に反してただちに所有権の移転があるとするなら、それは「盗難」に当たる。

審判所は十分な吟味をしているか
 裁決書を読む限りでは、結論先にありきで、納税者の主張への十分な吟味をしているようには見受けられません。
 社会安寧の確保が国家の義務であるとしたら、新しい犯罪により高齢年金者が狙われることに対し、配慮がもっとあってもよいのではないでしょうか。

| 遺産相続ジャスティスClubのトップへ戻る |

遺産相続ジャスティスCLUBの新着記事

人事考課とは

 「人事考課」は企業で一般的に活用されていますが、その目的・対象・方法などに・・・

振込め詐欺にも税の配慮を

振り込め詐欺ではじめての税務係争 平成20年中に、いわゆる振り込め詐欺の被害に遭い、だ・・・

ねんきんネットの登録と活用

ねんきんネット」サービスとは 日本年金機構が2011年2月より始めたインターネットによ・・・

法改正で利用促進なるか 認定NPO法人制度

昨年6月、NPO法と寄付税制が大きく改正されたことで、今年4月1日から認定NPO法人に・・・

「もったいない」で需要拡大 リサイクルビジネス

MOTTAINAIの浸透と環境ビジネス 2004年に環境分野で初のノーベル平和賞を受賞・・・

確認的規定としての改正税法

予測に反して確認規定になった その1 個人の受け取る保険金が、会社契約で、保険料の半分・・・

厚生年金基金のAIJ事件

年金消失 預けた資金はどこへ? 運用を委託した企業年金資産約2000億円の大半が消失し・・・

一般労働者派遣と特定労働者派遣

二つの派遣事業 労働者派遣事業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の二種類があり・・・

定型労働者の職務遂行能力

 定型労働者とは製造・オフィスの事務・保安及び警備・コンピュータ操作・店内販売などの定・・・

受動喫煙防止対策助成金の創設

受動喫煙防止の拡大をはかる 愛煙家にとって、最近は公共の場では喫煙の場所が狭まり、タバ・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る