遺産相続ジャスティスCLUB

遺産相続ジャスティスCLUB

2012年3月21日

人事考課とは

 「人事考課」は企業で一般的に活用されていますが、その目的・対象・方法などについて、経営者・管理者・社員が的確に理解し合っていないと、人事賃金制度の運用や社員の仕事をマネジメントする上で重大な誤解・曲解を生み出し、経営上の障害になりかねません。
人事考課で起り易い誤解
 「人事考課」で最も起こりやすい誤解は「評価の対象」に関することです。
  それは「"人"が"人の人格や全能力"を正しく評価できるわけがない」と言う見方によるもので、人事考課の対象を"人"としていることから起こる誤解です。
  「人事考課の対象は、人が行った仕事、すなわち仕事のプロセスで発揮した能力やその結果生み出された業績、仕事の仕方に現れた意欲など、事実としてとらえ得る事柄」であり、性格・気質・人生観など、仕事に於ける能力発揮の背景として重要であっても、直接観察することができない事柄は対象としません。また学歴・資格などは持っていても、具体的な仕事のプロセスや業績として現われない限り、評価の対象としません。

人事考課の二つの目的と留意点
  「人事考課」を活用する目的は次の二つです。
1.    賃金を公正・納得性を持って適用するための根拠として、業績・発揮能力・意欲などを評価・格付けする。
2.    発揮能力を的確にとらえて、不足している能力を開発したり、より向上させるべき能力を発見して伸ばす。

 この目的と評価の対象を考え併せると、次の点に留意して制度を設計し、運用することが重要であり、考課者・被考課者の双方にとって、公正性・納得性のある考課を行い、その結果と根拠の説明において曖昧性をなくすことが求められます。そのため、
①考課者(経営者・管理者)は、仕事の遂行過程で起こった発揮能力や意欲、その結果としての業績の事実を的確にとらえ、考課の材料とすること
②考課者は考課の結果やその理由、事実をもとに被考課者へ説明(フィードバック)し納得を得ること
を重視すべきです。

| 遺産相続ジャスティスClubのトップへ戻る |

遺産相続ジャスティスCLUBの新着記事

総額主義というテクニック

何度でも更正処分ができるが 法律の建前では、何度でも更正の請求や更正処分ができることに・・・

人事考課とは

 「人事考課」は企業で一般的に活用されていますが、その目的・対象・方法などに・・・

振込め詐欺にも税の配慮を

振り込め詐欺ではじめての税務係争 平成20年中に、いわゆる振り込め詐欺の被害に遭い、だ・・・

ねんきんネットの登録と活用

ねんきんネット」サービスとは 日本年金機構が2011年2月より始めたインターネットによ・・・

法改正で利用促進なるか 認定NPO法人制度

昨年6月、NPO法と寄付税制が大きく改正されたことで、今年4月1日から認定NPO法人に・・・

「もったいない」で需要拡大 リサイクルビジネス

MOTTAINAIの浸透と環境ビジネス 2004年に環境分野で初のノーベル平和賞を受賞・・・

確認的規定としての改正税法

予測に反して確認規定になった その1 個人の受け取る保険金が、会社契約で、保険料の半分・・・

厚生年金基金のAIJ事件

年金消失 預けた資金はどこへ? 運用を委託した企業年金資産約2000億円の大半が消失し・・・

一般労働者派遣と特定労働者派遣

二つの派遣事業 労働者派遣事業には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の二種類があり・・・

定型労働者の職務遂行能力

 定型労働者とは製造・オフィスの事務・保安及び警備・コンピュータ操作・店内販売などの定・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る