遺産相続ジャスティスCLUB

遺産相続ジャスティスCLUB

2012年3月26日

資産課税重税路線への布石

韓国のみなし相続財産
 東京税理士会のホームページには韓国の税制を紹介しているページがあり、そこを見ると、韓国にも日本と似たような相続税の制度があることが、わかります。
 ただし、みなし相続財産のところが特異です。相続開始前1年以内に2億ウォン以上、相続開始前2年以内に5億ウォン以上を処分(債務を負担した場合を含む)した財産がある場合で、その使途が説明できない状況にあったら、その使途不明財産は、相続財産とみなされます。

国税庁もねらっている
 平成24年度税制改正大綱の取りまとめの際に、国税庁が相続税版の使途不明金課税案を具申していたとの報道がありました。
 相続開始前の一定期間内に、被相続人の財産を換金したり、被相続人が債務を負担したりして、使途が不明な資金が一定額以上になる場合には、使途不明金を相続人が相続したと推定し、課税価格に算入する、という案のようです。
 韓国相続税制のまったくの引き写しです。従来は、あるべきはずの相続財産がなぜ存在しないのかの最終立証責任は課税サイドにあったわけですから、立証義務を納税者側に転嫁することが目的です。

もう一つの布石も打たれている
 今年の改正予定には、年末時点で国外財産の総額が5000万円を超える者に提出義務を課した国外財産調書制度の創設があります。不提出には、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されるものです。
 そして、国外財産調書制度創設は、すでに存在している財産債務明細書の改編で、一方を国内版とし他方を国外版とする趣旨による改正です。所得2000万円以上の人に提出が義務付けられている財産債務明細書については、不提出や虚偽記載に対するペナルティーはありませんでしたが、国外版が重い租税刑法で縛られるのに対し国内版もルーズなままではいられないのではないかと危惧されるところです。

税制抜本改革で一網打尽か
 流れをみていると、平成23年度の税制改正大綱で実現できなかった相続税の増税を、平成27年から行うことを予定している税制抜本改革の中に、この使途不明みなし相続財産制や、財産債務明細書の実効性確保のための制度改正などを一気に盛り込もうとしているのではないか、と穿った予測をしたくなってしまいます。

| 遺産相続ジャスティスClubのトップへ戻る |

遺産相続ジャスティスCLUBの新着記事

資産課税重税路線への布石

韓国のみなし相続財産 東京税理士会のホームページには韓国の税制を紹介しているページがあ・・・

所得税の確定申告 誤りを発見したとき!

確定申告も終わりホッと一息です。終了した申告の関連資料を整理している過程で誤り(税金を・・・

総額主義というテクニック

何度でも更正処分ができるが 法律の建前では、何度でも更正の請求や更正処分ができることに・・・

人事考課とは

 「人事考課」は企業で一般的に活用されていますが、その目的・対象・方法などに・・・

振込め詐欺にも税の配慮を

振り込め詐欺ではじめての税務係争 平成20年中に、いわゆる振り込め詐欺の被害に遭い、だ・・・

ねんきんネットの登録と活用

ねんきんネット」サービスとは 日本年金機構が2011年2月より始めたインターネットによ・・・

法改正で利用促進なるか 認定NPO法人制度

昨年6月、NPO法と寄付税制が大きく改正されたことで、今年4月1日から認定NPO法人に・・・

「もったいない」で需要拡大 リサイクルビジネス

MOTTAINAIの浸透と環境ビジネス 2004年に環境分野で初のノーベル平和賞を受賞・・・

確認的規定としての改正税法

予測に反して確認規定になった その1 個人の受け取る保険金が、会社契約で、保険料の半分・・・

厚生年金基金のAIJ事件

年金消失 預けた資金はどこへ? 運用を委託した企業年金資産約2000億円の大半が消失し・・・


初回面談は無料です お気軽にご連絡

お問い合わせフォーム

〒134-0088東京都江戸川区西葛西5-6-2 第28山秀ビル6F

ページの先頭へ戻る